2021年にメジャーデビュー15周年を迎えたシンガーソングライターの秦基博が、アニバーサリーライブを横浜と大阪にて開催。アコギ1本でステージに立つ秦のライフワークともいうべき『GREEN MIND』と、ストリングスカルテットも含めた『BAND LIVE』の2日公演という自身初の試みに挑戦した。WOWOWでは11月10日に横浜アリーナにて行なわれた、「バンド編成」の模様をお届けする。

今回は、その2日目のライブの模様をレポート。さらにライブ終了後、秦本人に話を聞いた。

秦基博、15周年アニバーサリーライブが1/9(日) WOWOWで放送 オンエアに先駆けてライブレポート&インタビューが到着

前日に同会場で行われた『GREEN MIND』のコンセプチュアルなステージから一転、この日は本人いわく「お祭り」的な内容で、客電が落ちてオープニングBGMが流れ出すと、早くもフロアは総立ちに。ハンドクラップがフロアに響き渡る中、サポートメンバーのトオミ ヨウ(Key)、鈴木正人(B)、朝倉真司(D)、シンリズム(G, Key)、そしてストリングスカルテットがステージへ登場。メンバーがそれぞれのポジションに到着した頃に秦がステージに現れ、まずは『グッバイ・アイザック』からライブがスタートした。


その後も跳ねるようなモータウンビートと、流麗なストリングスのコントラストが際立つ「花咲きポプラ」、パッドを駆使したディスコティックなドラムや、ファンキーなギターカッティングが印象的な「アース・コレクション」、秦の初期代表曲であり、今もライブでは定番のドラマティックなナンバー「鱗(うろこ)」など、新旧織り交ぜながら人気曲を次々と披露する。

秦基博、15周年アニバーサリーライブが1/9(日) WOWOWで放送 オンエアに先駆けてライブレポート&インタビューが到着

ライブ中盤のアコースティックセットでは、曲の合間にアニバーサリーらしく秦の秘蔵写真をスライドで紹介。デビューしてからしばらくの間、ビジュアルイメージが定まらずに本人いわく「迷走していた時期」の写真が次々と映し出され、朝倉をはじめとするメンバーたちの愛あるツッコミに、会場は爆笑の渦に包まれた。

秦基博、15周年アニバーサリーライブが1/9(日) WOWOWで放送 オンエアに先駆けてライブレポート&インタビューが到着

かと思えば終盤の「泣き笑いのエピソード」では、事前にファンから送られた「空の写真」をコラージュし、ステージのバックスクリーンに映し出す。また「水無月」では事前に一般募集で集めた「歌声」をミックスした合唱をサビで流すなど、コロナ禍で制限が多い中、少しでもオーディエンスと一緒にステージを作り上げようという秦の心優しい演出が随所に散りばめられていた。
「『泣き笑いのエピソード』は、歌詞の中に『いつも通りの空』というフレーズがあるし、みんなの日常にある空の写真を送ってもらうのはどうだろう?と考えたんです。本当に色とりどりの空が送られてきて感動しました。青空だけじゃなくて、夕景も夜空もあって、切り取り方もさまざまで。見る人によって、同じ空でもこんなに変わるんだなと思いました」と、ライブ後のインタビューで秦は振り返る。

本編ラストは、黄色い照明に包まれながら「ひまわりの約束」を披露。アンコールでは、グルーヴィーかつソウルフルな「トラノコ」を伸びやかに歌い上げ、さらに『コペルニクス』収録曲「花」を演奏してこの日のライブを締めくくった。

秦基博、15周年アニバーサリーライブが1/9(日) WOWOWで放送 オンエアに先駆けてライブレポート&インタビューが到着
「信頼するメンバーたちと作り上げた、音楽が持つ楽しさを体現しているアンサンブルが堪能できるのが『BAND LIVE』です」と、この日の見どころについて語ってくれた秦。「バンド編成だけでなくアコースティックセットも用意されているし、自分がこれまでやってきた音楽的な振り幅が凝縮されたステージだと思うので、それをぜひとも全身で感じながら楽しんでもらえたら嬉しいです」

秦基博、15周年アニバーサリーライブが1/9(日) WOWOWで放送 オンエアに先駆けてライブレポート&インタビューが到着
文=黒田隆憲
インタビュー写真=福岡諒祠(GEKKO)


<番組情報>
秦 基博 15th Anniversary LIVE “BAND LIVE”
1月9日(日)夜7:00[WOWOWライブ][WOWOWオンデマンド]
※放送終了後〜2週間アーカイブ配信あり

収録日:2021年11月10日
収録場所:神奈川 横浜アリーナ

※スマホやタブレットでも見られるWOWOWオンデマンドでは無料トライアル実施中

<番組サイト>
https://www.wowow.co.jp/hata/