2021年12月28日から31日まで、幕張メッセで開催された株式会社ロッキング・オン・ジャパン主催・企画制作の国内最大の年越しフェス「COUNTDOWN JAPAN 21/22」に28日、スリーピースロックバンドのUNISON SQUARE GARDENが出演した。

「COUNTDOWN JAPAN 21/22」は、今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、例年とは大きく異なる形で開催されている。

舞台背後のスクリーンに「UNISON SQUARE GARDEN」のサインが輝く中、「UNISON SQUARE GARDENです」と声を挙げて登場したメンバー。ライブはボーカル・ギターの斎藤宏介の伸びやかな歌声が印象的な『さわれない歌』でスタートした。

2曲目の『桜のあと (all quartets lead to the_)』では桜色の照明の中でベース&ギター、そして斎藤の歌で四重奏が奏でられていく。映画の1シーンのような美しさに、客席からはため息が漏れていた。

【ライブレポート】UNISON SQUARE GARDEN、極上のロックをノンストップで披露!斎藤のアカペラに涙ぐむファンも。<COUNTDOWN JAPAN 21/22> 【ライブレポート】UNISON SQUARE GARDEN、極上のロックをノンストップで披露!斎藤のアカペラに涙ぐむファンも。<COUNTDOWN JAPAN 21/22>

拍子が入り乱れるトリッキーな『Phantom Joke』では田淵智也の真っ赤なベースが燃え上がっていく。ドラムの鈴木貴雄も負けずに応戦。互いに一歩も引かず取っ組み合っているかのような演奏で圧倒した。

攻撃的なサウンドが耳に残る『天国と地獄』では田淵が錯乱したかのような動きで聴衆をくぎ付けに。光と影が同居する極上のロックンロールで魅了した。

『シュガーソングとビターステップ』の歌唱後に斎藤が「よいお年を!」と叫んだ以外は、全9曲をノンストップで演奏。45分間のライブの最後に披露した『フルカラープログラム』では、斎藤と田淵が向かい合って演奏する場面もあった。

【ライブレポート】UNISON SQUARE GARDEN、極上のロックをノンストップで披露!斎藤のアカペラに涙ぐむファンも。<COUNTDOWN JAPAN 21/22> 【ライブレポート】UNISON SQUARE GARDEN、極上のロックをノンストップで披露!斎藤のアカペラに涙ぐむファンも。<COUNTDOWN JAPAN 21/22>

同曲ではラストのサビ部分に入る前に、演奏がストップ。ゆっくりと会場を見渡した斎藤は、2021年最後のステージを噛みしめるようにアカペラで熱唱した。思わぬサプライズに涙ぐむ女性も。美しいハイトーンボイスが会場の隅々まで響き渡っていた。

UNISON SQUARE GARDEN は、2022年4月13日に17枚目のシングル『kaleido proud fiesta』をリリースする。同曲は4月8日からNetflixで配信されるアニメ「TIGER & BUNNY 2」のオープニングテーマに起用されることが決まっている。

(Text:Ayano Nishimura)

【ライブレポート】UNISON SQUARE GARDEN、極上のロックをノンストップで披露!斎藤のアカペラに涙ぐむファンも。<COUNTDOWN JAPAN 21/22> 【ライブレポート】UNISON SQUARE GARDEN、極上のロックをノンストップで披露!斎藤のアカペラに涙ぐむファンも。<COUNTDOWN JAPAN 21/22>