「21世紀のポップアイコン」BTSが アメリカのビルボードチャートで逆走し、目覚しい活躍を続けている。

アメリカの音楽専門メディアビルボードが11日(以下現地時間)に発表した最新チャート(1月15日)によると、BTSがコールドプレイと昨年9月24日に発売した「My Universe」がビルボードのメインシングルチャート「HOT100」で前週比14ランクアップした58位を記録し、15週連続チャートインした。

「My Universe」はその他にも「デジタルソングセールス」15位、「アダルトポップエアプレイ」11位、「カナダHOT AC」9位、「カナディアンデジタルソングセールス」21位、「カナディアンHOT100」28位、「ポップエアプレイ」34位、「カナダCHR/TOP」35位を記録した。

BTSは、世界200以上の国/地域のストリーミングと販売量を集計し、順位を発表する「ビルボードグローバル200」と「ビルボードグローバル(米国を除く)」チャートにもそれぞれ4曲チャートインした。 「ビルボードグローバル200」チャートでは「My Universe」が17位、「Butter」が24位、「Dynamite」が36位、「Permission to Dance」が87位、「ビルボードグローバル(米国を除く)」チャートでは「My Universe」が14位、「Butter」が17位、「Dynamite」が25位、「Permission to Dance」が60位だった。

2020年2月に発売されたBTSの4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』もビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で前週比56階段上がった120位を記録し、92週のチャート獲得に成功し、「トップアルバムセールス」チャート28位にもチャートインした。

一方、BTSメンバーのソロ曲も「ホットトレンディングソングスパワードby Twitter」(以下「ホットトレンディングソングス」)週間チャートで活躍を続けている。 BTSのVが参加したSBSの月火ドラマ「その年、私たちは」のOST 「Christmas Tree」が「ホットトレンディングソングス」週間チャート5位、BTSのJINのtvN「智異山」のOST「Yours」が8位、JINのサプライズ発売曲「スーパーツナ」が12位を記録した。

<商品情報>

■BTS『BTS 2022 SEASON'S GREETINGS』 好評発売中

★BTS JAPAN OFFICIAL SHOP

https://bts-officialshop.jp/collections/dvd/products/bts-2022-seasons-greetings

★UNIVERSAL MUSIC STORE

https://store.universal-music.co.jp/product/pdzv1195/