1月13日、「第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の20代部門に、女優の広瀬アリスが選出され、都内で行われた表彰式に出席した。

広瀬アリス、赤いドレスコーデで母とジュエリーの思い出を明かす<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞> 広瀬アリス、赤いドレスコーデで母とジュエリーの思い出を明かす<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞> 広瀬アリス、赤いドレスコーデで母とジュエリーの思い出を明かす<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞> 広瀬アリス、赤いドレスコーデで母とジュエリーの思い出を明かす<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞> 広瀬アリス、赤いドレスコーデで母とジュエリーの思い出を明かす<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞> 広瀬アリス、赤いドレスコーデで母とジュエリーの思い出を明かす<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞> 広瀬アリス、赤いドレスコーデで母とジュエリーの思い出を明かす<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞>

表彰式では「このような伝統のある賞を受賞できたこと、本当に光栄に思います」と喜びをコメント。また、「私が初めてジュエリーを手にしたのは、母から誕生日プレゼントでした。今でも宝物です」と母親からプレゼントされたジュエリーのエピソードを話した広瀬。続けて、「10代のときにいただいたので、まだ私には早いかなとずっと飾ってあったんですけど、こういった素敵な賞をいただけたので、これからは付けてみようと思う、背中を押された賞になりました。これからもジュエリーのように輝いていけるような女性になりたいと思います」と述べた。


同イベントは、12日より開催されている「国際宝飾展」(IJT2022)の併催イベントで、過去1年間で『各世代で最も輝いている人』、『宝石の似合う人』を世代別、男性部門、特別賞に分けて選考し表彰する。

33回目の開催となる今年は広瀬の他に、芦田愛菜(10代部門)、佐々木希(30代部門)、アンミカ(40代部門)、真矢ミキ(50代部門)、宮崎美子(60代以上部門)、北村匠海(男性部門)、水谷隼(特別賞)が選出された。