1月13日、「第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の30代部門に、女優・ファッションモデルの佐々木希が選出され、都内で行われた表彰式に出席した。

佐々木希、黒のドレスコーデで表彰式に登壇「内側から輝ける女性になれるように頑張りたい」<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞> 佐々木希、黒のドレスコーデで表彰式に登壇「内側から輝ける女性になれるように頑張りたい」<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞>

表彰式で佐々木は「今回このような憧れの賞をいただくことができて大変光栄に思います」とコメント。また自身にとってのジュエリーについて、「幼い頃に祖母や母のジュエリーをこっそり借りて、鏡の前で付けてみたりとか、一昨年、人生で初めて自分へのご褒美でジュエリーをオーダーして作っていただいたり、人生に欠かせないものになっています」とエピソードを明かした。

佐々木希、黒のドレスコーデで表彰式に登壇「内側から輝ける女性になれるように頑張りたい」<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞>
また、昨年亡くなった祖母から生前にジュエリーを受け継いだという佐々木は、「ここぞというときはそのジュエリーを身につけて、祖母を思い出して元気をいただいています。それくらい私にとって思い入れのあるものです。これからも素敵なジュエリーを身につけて内側から輝ける女性になれるように頑張って参りたいたいと思います」と続けた。


同イベントは、12日より開催されている「国際宝飾展」(IJT2022)の併催イベントで、過去1年間で『各世代で最も輝いている人』、『宝石の似合う人』を世代別、男性部門、特別賞に分けて選考し表彰する。

33回目の開催となる今年は佐々木の他に、芦田愛菜(10代部門)、広瀬アリス(20代部門)、アンミカ(40代部門)、真矢ミキ(50代部門)、宮崎美子(60代以上部門)、北村匠海(男性部門)、水谷隼(特別賞)が選出された。