1月13日、「第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の特別賞に、東京五輪の卓球混合ダブルスで金メダル、男子団体で銅メダルを獲得した水谷隼氏が選出され、都内で行われた表彰式に出席した。

水谷隼、妻との記念日にジュエリーをプレゼント「夫婦ともどもジュエリーを身につけて生活していきたい」<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞>

表彰式では水谷氏は「素晴らしい俳優さん、タレントの皆さんに混じってこのような賞を受賞できたことを嬉しく思います」とコメント。また、自身とジュエリーについて、「プレイ中はネックレスやブレスレットを付けていました。今年は卓球を引退したということで、ジュエリーを付けながらジュエリーのように輝けるように一年間やっていきたいと思います」と語った。

水谷隼、妻との記念日にジュエリーをプレゼント「夫婦ともどもジュエリーを身につけて生活していきたい」<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞> 水谷隼、妻との記念日にジュエリーをプレゼント「夫婦ともどもジュエリーを身につけて生活していきたい」<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞> 水谷隼、妻との記念日にジュエリーをプレゼント「夫婦ともどもジュエリーを身につけて生活していきたい」<第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞>

また、水谷氏はこの日が3歳年下の妻と付き合った記念日であることを赤裸々に明かし、「妻が今日この会場に来ているということで、この後、妻に似合うジュエリーを探して、プレゼントして、夫婦ともどもジュエリーを身につけて生活していきたいと思います」と笑顔を見せた。


同イベントは、12日より開催されている「国際宝飾展」(IJT2022)の併催イベントで、過去1年間で『各世代で最も輝いている人』、『宝石の似合う人』を世代別、男性部門、特別賞に分けて選考し表彰する。

33回目の開催となる今年は水谷氏の他に、芦田愛菜(10代部門)、広瀬アリス(20代部門)、佐々木希(30代部門)、アンミカ(40代部門)、真矢ミキ(50代部門)、宮崎美子(60代以上部門)、北村匠海(男性部門)が選出された。