2021年12月28日から31日まで、幕張メッセで開催された株式会社ロッキング・オン・ジャパン主催・企画制作の国内最大の年越しフェス「COUNTDOWN JAPAN 21/22」に28日、3人組ロックバンドのヤバイTシャツ屋さんが出演した。

「COUNTDOWN JAPAN 21/22」は、今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、例年とは大きく異なる形で開催されている。

セットチェンジを終えたステージに現れた3人は「リハーサルやりまーす」と『とりあえず噛む』から音合わせを開始。ボーカル・ギターのこやまたくやが「関係ない曲やるか」と提案すると、突如29日の同フェスでトリを務めるロックバンド・10-FEETの『JUST A FALSE! JUST A HOLE!』をフル尺でカバー。リハーサルから額に汗を流す全力ぶりで会場をわかせた。

【ライブレポート】ヤバイTシャツ屋さん、リハから全力投球!爆笑のステージでカウントダウンフライングも<COUNTDOWN JAPAN 21/22> 【ライブレポート】ヤバイTシャツ屋さん、リハから全力投球!爆笑のステージでカウントダウンフライングも<COUNTDOWN JAPAN 21/22>

「始まるよー」と勢いよく飛び出して来た本番は軽快な『ハッピーウェディング前ソング』で幕開け。1年間のうっぷんを吹き飛ばすようなアグレッシブな演奏に、観客は拳を突き上げて応えていた。

『ヤバみ』『くそ現代っ子ごみかす20代』では激しいヘドバンで盛り上げていく。こやまが「さぁ、全員両手を挙げましょう!」と誘った『癒着☆NIGHT』では、メンバーの「Y」「U」「C」「H」「A」「K」「U」という声に合わせてファンが手拍子し一体になっていた。

コロナ禍で31日に日付をまたいだカウントダウンを行わないことが決まっている同フェス。こやまが「ここでやってもいいですか」とフロアに呼びかけると、客席から大きな拍手が起こっていた。

【ライブレポート】ヤバイTシャツ屋さん、リハから全力投球!爆笑のステージでカウントダウンフライングも<COUNTDOWN JAPAN 21/22>

「年越しの瞬間にやりたいことがある」というボーカル・ベースのしばたありぼぼは真剣な表情で「2022年の“0”をみんなと一緒に(両手で)作りたい」と告白すると、しばたの思いを受け止めたこやまが、「みんな、本気で年越しをしよう」と気合い。

「10」から始めたカウントダウンは「0!」になった瞬間、“顧客”たちが頭上で両手を輪のようにした“0”ポーズでお祝い。念願がかなったしばたは嬉しそうに周囲を見渡していた。

こやまが「明けましておめでとうございます! さぁ2022年。元気もりもりな1年にしていきましょう」と呼びかけて始まった『げんきもりもり!モーリーファンタジー』ではドラムのもりもりもとが「僕の名前は森本!」と熱唱。客席には笑顔が広がっていた。

 全11曲を披露したステージでこやまは「COUNTDOWN JAPANできて良かったね。うれしいね。フェスがないと新しいアーティストと(観客が)出会う機会が減っちゃうと思う。本当はいっぱいステージがあるけれど、今年は1ステージだけ。(コロナ禍で)若手がライブをできる機会も減ってしまって音楽シーン全体が沈んできて、心配だと思う」と苦しい胸の内を吐露。「来年はたくさんアーティストが出られるといいね」と頷いていた。

【ライブレポート】ヤバイTシャツ屋さん、リハから全力投球!爆笑のステージでカウントダウンフライングも<COUNTDOWN JAPAN 21/22>

 2022年ヤバイTシャツ屋さんは1月14日のZepp Sapporo(北海道)を皮切りに、大阪、福岡、東京などをめぐるツアー「"Tank-top of the DVD IV" TOUR 2022」を行う。

(テキスト:Ayano Nishimura)

 

【ライブレポート】ヤバイTシャツ屋さん、リハから全力投球!爆笑のステージでカウントダウンフライングも<COUNTDOWN JAPAN 21/22>【ライブレポート】ヤバイTシャツ屋さん、リハから全力投球!爆笑のステージでカウントダウンフライングも<COUNTDOWN JAPAN 21/22>