浜辺美波が主演を務める月10新ドラマ『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜夜10時)。本作は、医師でもないのに豊富な医療知識がある正体不明の女性・雪村白夜浜辺)が、「それ、誤診です!」と診断された病名を覆して患者の命を救っていく、新感覚の診断医療ミステリー。「金田一少年の事件簿」など、数々のヒットドラマの原作を手掛ける樹林伸の小説『ドクター・ホワイト千里眼のカルテ』、『ドクター・ホワイト神の診断』(角川文庫)をドラマ化した。

瀧本美織、演じる麻里亜は『何でも完璧にできる女性』<ドクターホワイト> 瀧本美織、演じる麻里亜は『何でも完璧にできる女性』<ドクターホワイト> 瀧本美織、演じる麻里亜は『何でも完璧にできる女性』<ドクターホワイト> 瀧本美織、演じる麻里亜は『何でも完璧にできる女性』<ドクターホワイト>
今夜放送される第2話は、総合診断協議チーム(通称:CDT)が発足。難しい症状でも病名を確定させて命を救う、診断に特化した協議チームが動き出す。CDTは、病院長である巌(石坂浩二)が経営再建のため立ち上げた協議チームで、娘で内科医の麻里亜(瀧本美織)はリーダーに、高い診断能力を買われた白夜もチームの一員に選ばれ、将貴(柄本佑)は白夜のサポート役に任命される。ところが、メンバーとして名乗りを上げたのは精神科医の西島耕助(片桐仁)のみ。人員不足に悩む麻里亜に、西島は、かつて腕の立つ外科医だった、皮膚科医の夏樹拓実(勝地涼)をスカウトしてはどうかと助言するが、夏樹は優秀な反面プライドが高く、診察も効率重視で、激しくクセの強い人物だった・・・。


CDT発足の経緯が描かれ、また、白夜たちが初めて“診断協議”に取り組む姿が描かれる第2話。注目は、CDTリーダーで内科医の瀧本演じる麻里亜だ。1話では、「瀧本美織大人っぽくなってキレイ」「瀧本美織のコメディっぽい演技好き」など、その美しさと安定した演技にSNSからも声があがった。瀧本は、自身の役について「プリプリ怒っていることが多い役ですが(笑)人間らしい女性」と分析。また、「2話は笑える要素がたくさんあってみやすい」と話し、「クセの強い夏樹先生も登場し、一体何があったの!?と思うくらいの麻里亜とのバチバチ加減にもご注目ください!」と見どころを語った。

瀧本美織、演じる麻里亜は『何でも完璧にできる女性』<ドクターホワイト> 瀧本美織、演じる麻里亜は『何でも完璧にできる女性』<ドクターホワイト> 瀧本美織、演じる麻里亜は『何でも完璧にできる女性』<ドクターホワイト> 瀧本美織、演じる麻里亜は『何でも完璧にできる女性』<ドクターホワイト> 瀧本美織、演じる麻里亜は『何でも完璧にできる女性』<ドクターホワイト>
【瀧本美織(高森麻里亜役)コメント】
Q.演じられる麻里亜を、どういう女性だと捉えていますか?
麻里亜は、誰に対しても感情を素直に表に出す、人間らしい女性です。院長の娘として、病院を背負う責任感もありますが、『何でも完璧にできる女性』というわけではないので、麻里亜なりに葛藤・奮闘している姿もお見せしたいなと思います。プリプリ怒っていることが多い役ですが(笑)、でも白夜が感情を持たないからこそ、周りの人が豊かな感情表現でいた方がよいのかなとお芝居しながら実感しました。

Q.医師役を演じる上で苦労したことは?
台本を読むと、聞いたことがない医療用語などがたくさん書かれていて・・・。「とにかく覚えるしかない!」と気を引き締めました。普段からセリフを覚えるときは、お家の中を歩いたり散歩をしたりと、動きながら体に馴染ませるようにしていて、今回もそうして取り組みました。白衣に袖を通すと、やっぱり身が引き締まります。

Q.撮影の現場の雰囲気はいかがですか
すごく楽しいです。和気あいあいとしています。キャラが濃いメンバーが揃(そろ)っていて、皆さんすごく楽しい方で、毎日楽しいです(笑)。

Q.撮影を乗り切る瀧本さん自身のリラックス方法はありますか。
好きな音楽を聴くことです。また、お風呂に頭までつかるとスッキリします。

Q.2話のみどころ・視聴者へのメッセージ
『ドクターホワイト』は、大きな謎を追いかけていくミステリーと、白夜が誤診を覆していく爽快感がお楽しみいただけると思います。CDTは個性豊かな先生ばかりなので、会話劇の面白さにもぜひご注目ください。2話は、笑える要素もあって見やすいと思います。更にクセの強い夏樹先生も登場し、一体何があったの!?と思うくらいの麻里亜とのバチバチ加減にもご注目ください。麻里亜の恋愛遍歴も少し見えてくるかもしれません。ぜひお楽しみください!