厚生労働省が承認した国内4種類目の新型コロナワクチンが武田薬品工業・光工場で製造されることになりました。

光市で製造されるのはアメリカのバイオ医薬品メーカーノババックスが開発した新型コロナワクチンです。

国内で4種類目となるこのワクチンはこれまで承認されたものとは仕組みが異なりウイルスのたんぱく質の一部を使う組み換えたんぱくワクチンと呼ばれるものです。

武田薬品工業・光工場ではすでにある新型インフルエンザワクチンの製造ラインを改修しそこにノババックスの技術を移転する形で製造するということです。

臨床試験では約90%の有効性が確認されていてアレルギーなどの問題で既存のワクチンが使えなかった人や別のワクチンを打ったあとの3回目の接種にも使われる見通しです。

政府はすでに武田薬品工業とこのワクチンを1億5千万回分供給する契約を結んでいて早ければ5月下旬にも自治体へのワクチン配送が始まる見込みです。