山口県阿武町が給付金4630万円を誤って振り込んだ問題で検察はきょう24歳の男を電子計算機使用詐欺の罪で起訴しました。

また男は別の口座にも金を移したとして再逮捕されました。

起訴状によりますと田口翔(たぐち・しょう)被告は山口県阿武町から4630万円が誤って振り込まれたと知りながら自分のものと偽りオンラインカジノサービスの決済代行業者の口座に400万円を移した電子計算機使用詐欺の罪に問われています。

また警察は、田口被告が別の決済代行業者の口座にも300万円を移したとして再逮捕しました。

田口被告は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

さらに「山口県阿武町職員との対応でたまったストレスを発散したいという気持ちと上手くいけばお金を増やすこともできるかもしれないと思った」などと供述しているということです。