山口市は新型コロナワクチンを接種した後、死亡した市民の遺族に

約4400万円の一時金を支払いました。

死亡とワクチン接種との因果関係を否定できないと判断したということです。

山口市によりますと新型コロナワクチンを接種した後死亡した市民の遺族から

一時金給付の申請がありました。

申請について山口市で審査した結果

「接種と死亡との因果関係を否定できない」と認定したということです。

その後、国の審査を経て支給が決定し約4400万円をすでに遺族に支払いました。

県によりますとワクチン接種後の死亡一時金の申請は県全体で11件あり、

給付が認められたのは今回を含め2件だということです。