通学路の安全を確保するため車の速度を物理的に抑える「ゾーン30プラス」が

県内で初めて設置されました。

山口市大内の通学路は車の最高速度が時速30キロに規制されていることに加えて、

物理的に速度を出させない工夫が施されました。

=yab記者=

「こちらの横断歩道は周辺の道路に比べて10センチほど高くなっています。

スピードを出して通過するとガタンと衝撃がくるため車の速度を抑える効果があります」「ゾーン30プラス」と名付けられたこのエリアでは離合する車が

路側帯にはみ出さないようにポールも設置されています。

=山口警察署交通課・兼安圭三課長=

「ドライバーにはしっかり制限速度を守って頂いて安全運転で

事故防止に努めて頂ければ」

警察は今後も自治体と協力し、「ゾーン30プラス」の整備を進めていくということです。