巨人の杉内俊哉が、プロ野球22人目となる通算2000奪三振を記録した。投球回数1930回2/3での達成は、1967回2/3でマークした石井一久(元ヤクルトほか)を抜いて、プロ野球史上最速記録となった。

 実は三振について、知っていそうで知らないルールがある。今回は誰もが知っている「三振」のルールにクローズアップしてみたい。

◎1球投げただけで1奪三振

 1960(昭和35)年4月10日の国鉄vs巨人の試合で、8回表にリリーフ登板した国鉄の森滝義己は、1球投げただけで1奪三振を記録している。

 2死一、二塁と巨人のチャンスで迎えた場面、打者は宮本敏雄のカウントは3ボール2ストライクのフルカウントとなった。ここで国鉄ベンチは森滝をマウンドに送る。だが巨人も宮本に代えて代打・国松彰を送った。

 結果は森滝が投じた1球を国松が空振りし、三振に終わってしまった。このケースでは、「投手がカウント途中で交代した場合、2ボール、2ボール1ストライク、3ボール、3ボール1ストライク、3ボール2ストライクから四球になったとき以外は全て、リリーフした投手の記録とする」という野球規則が適用されたため、森滝は1球投げただけで、奪三振1を記録したのだった。

◎代打の代打が三振したら……

 では打者の場合はどうだろうか。前出のケースで三振の記録がつくのは宮本か、それとも国松か。答えはなんと、宮本のほうである。

 ボールカウントの途中で代打が出て、前の打者のカウントを引き継いだとき、実際に三振した打者に三振が記録されないケースがある。これは「打者が2ストライク後に打席から退き、代わった打者が三振に終わった場合、最初の打者に三振と打数を記録し、代わって出場した打者が三振以外で打撃を完了した場合は、全て代わった打者の行為として扱う」という野球規則があるのだ。

 つまり、2ストライクと追い込まれた打者の代わりに、代打で登場した打者は、三振したらその記録は前の打者につき、凡打やヒットになった場合は、その記録は代打の選手につくのだった。

◎代打の代打の代打が三振したら?

 それでは少々、意地悪な問題を出そう。Aという打者が1ストライクを取られた後、Bという代打を送って2ストライクを取られた。その後、Cという代打を送りその打者が三振した場合、3人の打者のうち誰に三振が記録されるだろうか。

 正解はBの打者である。野球規則では「2ストライク目を取られた打者に三振を記録する」とあり、このケースに当てはまるのだった。ちなみに日本のプロ野球では、未だこのケースはないといわれている。

参考文献/プロ野球記録大鑑・宇佐美徹也著
(文=鈴木雷人)


『週刊野球太郎』では、最新のプロ野球情報はもちろんありますが、夏の高校野球を大特集中。49地区別の観戦ガイドや、プロスカウト注目の有望選手情報、速報選手レポート、野球の見方が変わるような高校野球観戦マニアを明らかにするなど、高校野球観戦をもっと楽しくする連載が盛りだくさん! 雑誌『野球太郎No.009 夏の高校野球大特集号』も好評発売中!