お久しぶりです。ラガーさんです。いよいよ夏の甲子園大会が始まりますね。読まれるタイミングによっては、すでに大会は始まっているかもしれませんね。どんな展開になるのか、どんな試合になるのか、楽しみで、ワクワクしてちゃんと寝られるか心配です! まずは、ラガーさんの近況報告をしますね。
◎またまた本を出しちゃいました
 今年のセンバツ大会直前、僭越ながら『甲子園のラガーさん』(オークラ出版)という本を出版させていただきました。本を1冊でも世に出せたことに感激していたのに、なんともう1冊、本を出す機会をいただきました。
 それが先月発売した『ラガーさんの 嗚呼、青春の甲子園あるある』(オークラ出版)です。280個以上集めた「あるある」も楽しんでほしいのですが、ラガーさん的オススメは、3つのインタビューコーナーです。
☆上重聡さん(日本テレビアナウンサー/元PL学園の投手。1998年の「PL対横浜、伝説の延長17回の死闘」を演じた)
☆大屋博行さん(アトランタ・ブレーブスのスカウト)
☆三田紀房さん(漫画家/大人気高校野球漫画『砂の栄冠』の作者)
 という、甲子園大会を知りつくした3人の野球人にお話を聞きました。「阪神園芸は年に一度、PL学園のグラウンドも整備している」など、ここでしか聞けないマル秘エピソードが満載なので、このコーナーだけでもぜひ読んでいただきたいです。
◎甲子園練習は発見の連続でした!
 今年は3日から始まった甲子園練習も堪能したいと思い、いつもよりもはやく、甲子園に行っちゃいました! いつもは開会式リハーサルに間に合うように来ているので、甲子園練習を見るのは実は今年が初めてです。「甲子園バックネット裏の住人」なんて呼ばれているラガーさんですが……。「何で今まで見てこなかったんだろう……」と後悔してしまうほど楽しかったです。
 甲子園練習は1校につき30分。「こんな短い時間じゃ、やれることなんて限られるんじゃないか?」と思っていたんですが、守備練習あり、打撃練習あり、その他、チーム毎に独自の練習法ありと、30分の短い時間にギュッと凝縮されているので、見ていて全く飽きませんでした。
 そして、とても印象的だったのが広陵高(広島)の練習です。貴重な30分間の最後に、なんと校歌斉唱の練習があったんです。試合後に勝ったチームがやるように、ホームベースのところに一列に並んで歌っていました。これは、勝つことをイメージする練習ですよね。さすがは全国制覇をしたことがある強豪校、一味違うなぁと勉強になりました。
◎岸投手の最後の夏の戦いに大注目です!
 初日の練習が見られなかったのと、雨の影響で室内練習に切り替わった学校もあるので、すべてを見たわけではないですが、かなりたくさんの学校の練習を見ることができました。一度に、こんなにたくさんの高校球児を見ることができるなんて、とても贅沢な体験です。
 その中で、ラガーさん的に気になった選手は明徳義塾高(高知)の岸潤一郎投手です。といっても投球よりも打撃に目が奪われました。2本もスタンド入りする当たりを放っていました。エースで4番、さらに主将ということで、かなりプレッシャーがかかっていると思いますが、ぜひとも頑張ってほしいです。ラガーさん的にも岸投手は1年夏からずっと見続けている選手なので、感慨深いものがありますね