今日、9月5日は「国民栄誉賞の日」。1977(昭和52)年のこの日、2日前に通算ホームラン数の世界最高記録を作った王貞治に国民栄誉賞第1号が贈られたのだ。日本プロ野球史を語る上でもとても大切な日だからこそ、今一度、「王貞治・国民栄誉賞への道」を振り返ってみたい。

◎初ヒットが初ホームラン

 1959(昭和34)年、「甲子園優勝投手」の肩書きを引っさげ、鳴り物入りで早稲田実業から巨人に入団した王貞治。しかし。プロ入り後すぐに投手の才能は見限られ、打者に専念するよう指示される。

 王にとって幸運だったのは、入団前年の1958(昭和33)年に川上哲治が引退していたこと。一塁手のレギュラーの座が空いていたため、高卒新人ながら1年目から94試合に出場することができたのだ。川上の引退が1年早くても遅くても、一塁手・王貞治の誕生はもっと遅れていた可能性がある。

 開幕戦から7番・一塁手で先発起用された王だったが、国鉄の開幕投手・金田正一の前に2打数2三振1四球。長嶋茂雄のデビュー戦における4打数4三振のインパクトには及ばないが、ON2人が揃って金田正一を相手に「三振デビュー」していたのはなんとも興味深い。

 その後も打てない日々が続いた王だったが、4月26日、プロ入り27打席目に待望のプロ初ヒットが飛び出す。国鉄・村田元一を相手に記録した、その初ヒットは右翼席に飛び込むホームランだった。初安打が初ホームラン……これこそ、のちの「世界のホームラン王」の第一歩にふさわしい。

 その後、6月25日に後楽園球場で行われた「天覧試合」では、長嶋茂雄との初のONアベックアーチも飛び出した。歴史的な大試合で初のアベックアーチを記録するあたり、長嶋茂雄に負けず劣らずのスターの資質を感じさせる1年目だった。

 ちなみにこの1年目のある雨の日、雨宿り中に偶然出会った女性が、後の恭子夫人である。

◎駄目もとで生まれた一本足打法

 その後、3年目までは伸び悩んだ王だったが、4年目のシーズンに転機が訪れる。前年オフに学生時代の恩師でもある荒川博が巨人の打撃コーチに就任したのだ。2人で昼夜を問わず特訓を続けながら迎えた7月1日、運命の日が訪れる。

 この日の試合前、スタッフミーティングで投手コーチの別所毅彦と口論になった荒川。「投手陣は立ち直ってきているのに打線は何をしてる。王はいったい何なんだ!」と詰め寄られ、カッとなった荒川は「王に本塁打を打たせる!」と宣言。そこで苦肉の策として飛び出したのが「今日は足を上げて打て」というアドバイスだった。

 王と荒川が一本足打法について検討し始めたのは、その前日の6月30日夜のこと。つまり王はたった一晩しか一本足の練習をしておらず、ほぼぶっつけ本番の「一本足デビュー」だった。ところが、この試合で王は5打数3安打の大当たり。しかも、宣言どおりのホームランも飛び出したのだ。この日から、王の一本足打法伝説が始まる。

◎日本中が沸いたベーブ・ルース超え

 一本足打法を始めた1962(昭和37)年に38本塁打で初のホームラン王に輝くと、以降の王はありとあらゆるホームラン記録を塗り替えていった。

・13年連続本塁打王【通算ではホームラン王15回※日本記録】
・4打席連続本塁打【1964(昭和39)年5月3日※日本タイ記録】
・7試合連続本塁打【1972(昭和47)年9月11日〜9月20日※日本タイ記録】
・シーズン55本塁打【1964(昭和39)年に記録。2013年、ヤクルトのバレンティンに抜かれるまで49年間日本記録であり続けた】

 特に、シーズン55本塁打と4打席連続本塁打を記録した1964(昭和39)年の打棒は凄まじく、王自身をして「地球は僕を中心にまわっている」と思ったという。

 そして1976(昭和51)年7月23日、通算本塁打記録を700号の大台に乗せると、日本中が「714本」の“ベーブ・ルース超え”に期待を抱くようになる。

 迎えた10月10日、後楽園球場での対阪神戦で古沢憲司を相手に1試合2ホーマーを放ち、通算714号本塁打を記録。ベーブ・ルースに並ぶと、翌11日には山本和行から右翼ポールを直撃する通算715号本塁打。一気に“ルース超え”を達成した。

 両手を掲げて大きく飛び跳ね、喜びを爆発させた王。しかし、この試合のヒーローインタビュー後、ある人物からのビデオメッセージが球場に流され、世間は早くも「次」を期待することになる。ビデオメッセージは755本のホームラン世界記録を持つ、ハンク・アーロンからのものだった。