9月5日、日本プロ野球界に新たな伝説が誕生した。山本昌(中日)が48歳4カ月にして、プロ野球最年長登板、最年長勝利記録を更新。実に64年ぶりの快挙である。

 ところで、今回の山本昌が更新する前の、数々の最年長記録保持者をご存じだろうか。日本球界の黎明期に活躍し、1978(昭和53)年には野球殿堂入りを果たした浜崎真二(元阪急)である。山本昌の記録達成に沸くなか、この機会に是非とも浜崎を知ってもらいたい。

◎全国大会に異なる学校で2回も出場!?

 浜崎真二は1901(明治34)年12月10日、広島県呉市に生まれた。当時から野球が盛んな土地柄で、後に藤村富美男や鶴岡一人、広岡達朗ら蒼々たるレジェンドたちを生み出した地域でもある。

 旧制広島商で野球に明け暮れた浜崎は、現在の夏の甲子園大会にあたる1917(大正6)年の第3回全国中等学校優勝野球大会(当時は鳴尾球場を使用)に出場。しかし翌1918年は、日本全土に広がった米騒動の影響で大会は中止に。実家は米屋を営んでいた浜崎も被害を受けたという。

 その夏、浜崎は友人らと学校をサボって海に行き、それがバレて無期停学処分を受けて退学。呉市の海軍工廠で働いていたが、同時に退学した友人に誘われて旧制神戸商に入学する。再び学生に戻った浜崎は、全国屈指の左腕投手に成長。1922(大正11)年の第8回全国中等学校優勝野球大会に出場して準優勝に輝いた。つまり浜崎は異なる学校で全国大会に2回も出場したという、珍しい記録も持っているのだ。

 ちなみに決勝戦では、旧制和歌山中と対戦。4−0と神戸商がリードしていたが、浜崎は終盤の8、9回に打ち込まれて4−8の逆転負け。ところが、神戸商の地元新聞社は夕刊の締め切りの都合で、4−0とリードしていた時点の原稿を書き、まるで神戸商が優勝したかのような記事を書いてしまった。テレビもラジオもない時代、その夕刊を読んだ神戸市民は神戸商が優勝したと思って大騒ぎ。しかし、翌日の朝刊で和歌山中が大逆転勝利で優勝したことを知った神戸市民は、大いに落胆したというエピソードもある。

◎アマチュア時代の数々の伝説

 さまざまなエピソードを持つ浜崎はその後、慶應義塾大に進学。投手だけでなく打者としても活躍した。両校の激しいライバル心から中止となっていた早慶戦が復活した当時、1927(昭和2)年のシーズンでは浜崎は早稲田大を2試合連続完封。一躍、慶應義塾大のヒーローとなったという。

 その後、浜崎は南満州鉄道に就職。社会人野球の満州倶楽部で都市対抗野球優勝にも貢献している。この活躍が認められて、1934(昭和9)年には日本選抜チームの一員として、米国と対戦。すでに30歳代の浜崎は、チームメイトの沢村栄治とは16歳も離れたベテラン選手だったが、その沢村を抑えてチーム最多の7試合に登板したという記録も残っている。

 日本を代表する左腕として活躍した浜崎。諸説あるが、浜崎の身長は150センチから160センチほどで、体重もわずか50キロ前後だったという。そんな“小さな大投手”がベーブ・ルースやルー・ゲーリックらと対峙したシーンを想像するだけでも、浜崎の偉大さがわかるというものだ。