甲子園一番乗り! 琉球の風を吹かせる沖縄・興南高校出身の現役プロ野球選手は?
 全国各地で熱戦が続く高校野球。7月16日、沖縄大会の決勝が行われ、興南が美来工科に15対1で勝利。2年ぶり11度目の甲子園出場を決めた。

 1990年代は甲子園から遠ざかっていたが、2007年夏に久々に聖地に戻ってくると、2010年には春夏連覇。その勢いは衰えることなく今もなお続いている。

 かつては仲田幸司(元阪神ほか)、デニー友利(元西武ほか)などの名選手を輩出してきた。現プロ野球界で活躍が期待される興南出身の戦士たちを紹介しよう。

◎島袋洋奨(ソフトバンク/投手/24歳)

 2010年の甲子園春夏連覇に貢献した「琉球トルネード」島袋洋奨。決して大柄ではない体を捻じり、爆発的なストレート、スライダーで甲子園を制圧。中央大時代はかなり苦しんだが、ソフトバンク入りを決め、鍛錬の日々を続けている。あの日の栄光をプロでもう一度!


◎大城滉二(オリックス/内野手/24歳)

 島袋の1学年下で春夏連覇に貢献した大城滉二(9番・遊撃)。甲子園でも11試合で打率.366を記録したが、大学に入るとさらに進化。名門・立教大で1年から遊撃のレギュラーをつかむと、花形選手に成長した。

 大学時代の大城は明らかにスピード感がケタ外れ。すばやさに力強さを加えた万能型選手だった。

 2015年のドラフト3位でオリックスに入団。ルーキーイヤーの昨季は64試合に出場。今季は62試合に出場し、打率.273を記録している。俊足巧打が持ち味だが、意外性のあるパンチ力にも期待したい。

◎高良一輝(日本ハム/投手/23歳)

 大城の1学年下の高良一輝は今季がルーキーイヤー。興南は3代連続でプロ野球選手を輩出していることになる。

 高校時代は1年夏からベンチ入りし、登板機会こそなかったが、夏の甲子園優勝を経験。3年生になると最速141キロを記録し、常に沖縄の注目投手の一角だった。

 九州産業大進学後にさらに実力を伸ばし、リーグ戦通算で33試合に登板し、16勝1敗、防御率0.76の圧倒的な数字を残した。2年秋の九州大学野球選手権の決勝では日本文理大を相手にノーヒットノーランを達成。

 最速148キロに到達したストレートにスライダー、スプリットを繰り、九州ナンバーワン右腕の呼び声も高かった。プロ入りに際してはドラフト3位での指名となったが、そこまで順位を落としたのは、4年春に右足を痛め、秋まで登板が空いた影響。九州・沖縄の野球ファンが1軍デビューを待ち望む逸材だ。

(成績は7月17日現在)


文=落合初春(おちあい・もとはる)