【2019年ドラフト目玉候補】最速157キロの北の怪物・佐々木朗希(大船渡)ら逸材をチェック!
 10月25日に開催されたドラフト会議。各球団の新人の話題が次々と飛び交うなか、一足先に来年のドラフトを先取りしてみたい。

 来年のドラフト戦線を騒がせるアマチュア球界のスターは誰だ!?

◎佐々木朗希(投手/大船渡高)

 佐々木朗希(大船渡高)は怪物と呼ぶに相応しい大型右腕。189センチ81キロの恵まれた体から繰り出すストレートはすでに最速157キロ。大谷翔平(エンゼルス)以来の超大物になる資質を持っている。

◎及川雅貴(投手/横浜高)

 及川雅貴(横浜高)は140キロ台後半のストレートにキレのいいスライダーを操るサウスポー。現時点でも完成度は高いが、一冬越えてコンスタントに150キロ台が出せるようになれば、間違いなく怪物の域だ。

◎奥川恭伸(投手/星稜高)

 奥川恭伸(星稜高)は今夏、2年生で唯一、侍ジャパンU-18代表に選出された150キロ右腕。今秋の北信越大会では準々決勝で松本第一高を相手に初回から10者連続奪三振の快挙。凄みを増している。

◎西純矢(投手/創志学園高)

 最速150キロの速球を武器に今夏の甲子園では創成館に完封勝利を挙げた西純矢(創志学園高)。雄叫びで脚光を浴びたが、そのガッツポーズを封印し、今秋からはクール宣言。広島県廿日市市出身でカープ愛を公言している「鯉の恋人」候補。

◎韮澤雄也(遊撃手/花咲徳栄高)

 今年は高校生遊撃手大豊作といわれる年だったが、来年のドラフトで期待がかかる遊撃手は韮澤雄也(花咲徳栄高)。シュアな打撃に軽快な守備を持ち合わせる。

◎森下暢仁(投手/明治大)

 現時点で大学ナンバーワン投手の筆頭に挙がるのは森下暢仁(明治大)。侍ジャパン大学代表でも主戦を務める本格派で、最速は154キロ。大分商高時代にもドラフト候補として注目されていたが、プロ志望届は提出せずに進学。満を持して来年のドラフトに登場するだろう。

◎佐藤都志也(捕手/東洋大)

 身体能力と打力が自慢の捕手。2017年春には東都大学リーグで首位打者を獲得。2017年秋、2018年春も3割台の打率を記録した「打てる捕手」候補。今秋はやや打撃不振に苦しんだが、最終学年のバット次第で上位指名も見えてくるポテンシャルの持ち主だ。

◎山口裕次郎(投手/JR東日本)

 2016年のドラフトでは日本ハムから6位指名されるも入団拒否し、社会人入り。履正社高時代から安定感を評価されていたが、社会人でさらに実力を伸ばし、プロ2軍との練習試合でも好投を見せている。

文=落合初春(おちあい・もとはる)