《野球太郎ストーリーズ》DeNA2018年ドラフト1位、上茶谷大河。今春に初勝利&三冠と大躍進の151キロ右腕(1)
大卒即戦力投手を当て続けるDeNAが見初めたのは東都の三冠投手。モノが違う同級生に負けん気を燃やす男は、3年秋に投球フォームの改造を決断。今春の大ブレイクからドライチへの道を駆け上がった。

◎父との練習で培った制球力

 上茶谷大河は小学生から投手だったが、中学時代は中堅や三塁でたまに試合に出ていた程度。レギュラーではなかった。

「ピッチャーとして公式戦に出たのは1試合か2試合。野球をやった感覚はないですけど、試合に出ていないので、気楽にただ楽しくやっていました」

 京都学園では1年秋から登板機会を得たものの先輩や同期に好投手がおり、なかなか先発マウンドには立てずにいた。だが2年春、試合が続いた時期に投手陣の疲労を考慮して、上茶谷に先発の機会が巡ってきた。するとその試合を一人で投げ切りチャンスをものにすると、主戦の座をつかんだ。

 当時から制球には自信があった。

「お父さんがうるさかったので、ネットスローをよくやっていたんです。父は野球経験はそれほどないのですが、所属していた草野球チームのピッチャーの人を呼んで教えてもらいました。ガレージにネットを張って、ティーバッティングや投げ込みも毎日やっていました。的が置いてあるので、ひたすらそこに投げて。小学生の時から日常で、熱量はお父さんの方がすごかったですね(笑)」

 大学進学当初は京都府内の大学に進もうと考えていたが、高校の監督と部長が兄弟揃って東洋大OBということもあり同大への進学を薦められ、練習に参加。

「髙橋昭雄前監督から『お前がやる気なら来い』と言われました。だから誘われた感じでもないんですけど…。でもお父さんと、プロに行くために強いチームに行くと約束したんです。高いレベルでやってみたいなという思いはあったので、ココに決めました」

 だが、そのレベルはあまりにも高すぎた。梅津晃大(中日2位)とブルペンに入り、そのピッチングに衝撃を受けた。

「ストレートがヤバかったですけど、スライダーを投げたらキャッチャーが捕れなくて。めっちゃギャラリーもいたんですけど、全員梅津を見ていました。だから『俺も投げたろう』と思って投げたんですけど、全然ボールがいかないんです。『うわ、全然いかへんやん(笑)』って思って。『こういう人が来るところなのか』と思いました」

 高校時代はストレートに自信があった。学校にスピードガンがなく計測したことはなかったが、チーム内では速い方だったし、インコースに投げ込むことが得意だった。だが東洋大入学後、甲斐野央(ソフトバンク1位)や梅津が140キロ超えを計測する一方、上茶谷は133キロ。「自分のストレートはそんなもんなんや」と現実を見せつけられた。

◎フォーム変更で人生激変

 2年夏頃には血行障害を発症。肩が原因の症状もある中、上茶谷の場合は指先の筋肉の発達で血管が詰まったもの。比較的すぐ治ると医師からは告げられた。手術には迷いもなく、ケガへの焦りもなかった。「この際だからウエートをやろう」と前向きにとらえていた。

 そして、なかなか結果が出せずにいた3年の秋、投球フォームの変更に着手した。実はそれまでも投げ方については指導されたこともあったが、頑として貫き通してきたことだった。

「小学生の時からお父さんとずっと練習をやってきて、投げ方のことも言われてきました。コレが正しいと思っていましたし、フォームを変えて失敗したらと思うと…。新しいことをやるのはなかなか踏み出せないんです。かなり勇気がいりましたが、自分からコーチに話をして変えることにしました」

 意識したポイントはテイクバックで右肩と左肩が平行になること。その形を作るために、ヒジと手の甲を「いち、に」と連動して上げることを意識。それまではヒジだけを「いち」で上げていたが、連動させることにより軸が安定し、コントロールも球持ちもよくなる。ヒジのしなりから走らせて弾くことができるようになった。

「このフォームにした1球目で『絶対にコレや』と思ったんです。人生が変わったと言っていいくらいの出来事でした」

 入学時に130キロ台だった最速が151キロにまで上昇。「ウエートをやって145キロまで行って、フォームを変えて150キロにいった感覚です」と効果はてきめん。上茶谷の思い切った決断が最終学年での飛躍に繋がっていく。

次回、「開幕投手、そして初勝利」
(12月4日配信予定)

(※本稿は2018年11月発売『野球太郎No.029 2018ドラフト総決算&2019大展望号』に掲載された「32選手の野球人生ドキュメント 野球太郎ストーリーズ」から、ライター・山田沙希子氏が執筆した記事をリライト、転載したものです。)