「リアル二刀流」の矢澤宏太(日本体育大)が躍動。2020大学生ドラフト候補密着レポ! 下級生編
 11月30日(土)から3日間にわたり、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムに50選手(右投手14名、左投手7名、捕手6名、内野手12名、外野手11名)が集い、侍ジャパン大学代表強化合宿が開催された。

 2016年参加組からは昨年のセ・リーグ新人王に輝いた東克樹(立命館大〜DeNA)を筆頭にドラフト1位3名を含む多くの指名選手を輩出。2017年組も巨人1位指名の高橋優貴(八戸学院大)や、プレミア12初優勝に大きく貢献したソフトバンク1位の甲斐野央(東洋大)はじめ10名がドラフト指名された。

 さらに昨年の参加選手からもDeNA2位の坂本裕哉(立命館大)、ロッテ2位の佐藤都志也(東洋大)、ロッテ3位の高部瑛斗(国士舘大)、ソフトバンク2位・海野隆司(東海大)、中日4位・郡司裕也(慶應義塾大)の6名がプロへの扉を開けている。

 では、今回の合宿ではどんな選手がインパクトを与えたのか? 全3回の連載企画「2020先取り大学生ドラフト候補・密着レポート!」の最終回は、2年生13名(右投手4名、左投手2名、捕手3名、内野手3名、外野手2名)、1年生4名(左投手1名・内野手1名、外野手2名)の総勢17名が集った下級生選手を取り上げる。

◎「興味深い」下級生野手たち

 興味深い下級生野手11名が今回の「侍ジャパン大学代表強化合宿」には集った。まず捕手は、183センチの左打ち捕手・古間木大登(東農大北海道オホーツク2年)、二塁送球タイムは1秒85と3年生と伍してもそん色ない古賀悠斗(中央大2年)、大阪桐蔭高時代の奮闘も記憶に新しい岩本久重(早稲田大2年)の3人。特に岩本は1秒9台の正確な二塁送球と堅実なリードでスカウト陣から「いい捕手だね」と高評価を集めた。

岩本久重(早稲田大)
岩本久重(早稲田大)

 内外野手の右打者では山田健太(立教大1年、二塁手)が日米大学野球の主軸・牧秀吾(中央大3年)をして「参考にしたい」と言わしめる強いスイングを披露すると、正木智也(慶應義塾大2年・外野手)は182センチ87キロの体格にふさわしいスケールの大きさを垣間見せた。

 また、奈良間大己(立正大1年・遊撃手)は170センチの体軸を器用に強く使って紅白戦では5打数3安打1二塁打1打点。明治神宮大会でベンチ外の要因となった打撃面に起因するスランプをいまだ抱えているように見えた日米大学野球・侍ジャパン大学代表の森下翔太(中央大1年、外野手)を凌駕するパフォーマンスで、春以降の躍進に期待を抱かせた。

奈良間大己(立正大)
奈良間大己(立正大)

 左打者では、下山悠介(慶應義塾大1年、三塁手)は1年秋の東京六大学リーグベストナインらしい力強さが光った。川村友斗(仙台大2年・外野手)は6打数無安打4三振のなかにも「振り込む」意識は健在。明治神宮大会準優勝の原動力となった野口智哉(関西大2年、内野手)は、鳴門渦潮高時代からの悪癖であるトップから再度ヒッチ気味に入り込むスイング軌道に改善の余地があるものの、二塁守備への順応では、新たな可能性を示したといえるだろう。

◎剛柔備える投手陣に加え、際立った「リアル二刀流」

 7名が召集された投手は剛柔備える面々が顔をそろえた。日米大学野球・侍ジャパン大学代表左腕の佐藤隼輔(筑波大2年)がコンディション不良で紅白戦登板を回避したのは残念だったものの、右投手では古田島成龍(中央学院大2年)は最速144キロのストレートを低めに集めて紅白戦2回を無安打投球。
初日の紅白戦で先発した竹田祐(明治大2年)は立ち上がりこそ乱れたが、2イニング目は三者を打たせて取る丁寧な投球を取り戻している。また。森田晃介(慶應義塾大2年)も2イニング目に1失点も最速144キロの球速以上に伸びを感じさせるストレートを中心に、3奪三振。東京六大学秋季リーグ投手ベストナイン(54回を投げて防御率1.00)の実力を感じさせる内容だった。

 紅白戦に登板した2人の左投手はいずれも技巧派。増居翔太(慶應義塾大1年)が最速こそ136キロながら、彦根東高時代からさらにキレが増したボールを投げ続けた。長谷川威展(金沢学院大2年)は、サイドハンドから内角に切れ込む最速138キロのストレートと沈むスライダーで2回3奪三振。あと1年で球速がアベレージで5キロ上がればドラフト指名圏内に割って入ってきそうだ。

 一方、紅白戦で最速146キロ、常時140キロ中盤と本格派の真骨頂を見せたのが徳山壮磨(早稲田大2年)。2失点に直結した球質の軽さは気にかかったものの、130キロ台のタテのスライダーとのコンビネーションと切れ味を磨けば、2021年にはドラフトの目玉となる右腕だ。

徳山壮磨(早稲田大)
徳山壮磨(早稲田大)

 そして、3回にわたって合宿参加全50選手を記してきた本連載のオーラスを飾るのは、外野手登録ながら「リアル二刀流」のこの男、矢澤宏太(日本体育大1年)だ。左投げ左打ちの矢澤は、まず打撃からその実力を発揮した。2日目の午前に行われた紅白戦までの2試合で4打数2安打と思い切りのよいスイングを見せた。さらに2日目の午後には紅白戦のマウンドに最終登板し、最速143キロの力のあるストレートを軸に2回を1安打無失点。今合宿の話題を一気にさらった。

 174センチ67キロの小柄ながら驚異的な身体能力を誇示した矢澤が、このまま順調に体力・筋力強化を積んでくれれば、大谷翔平(エンゼルス)とはまた一味違う二刀流のドラフト指名選手が誕生することになりそうだ。

矢澤宏太(日本体育大、見出しまわりの写真は投球中の矢澤)
矢澤宏太(日本体育大、見出しまわりの写真は投球中の矢澤)

取材・文=寺下友徳(てらした・とものり)