ABEMAは、11月24日(木)〜12月1日(木)まで、世界で活躍するアスリートをゲストに招いたイベントを東京・渋谷の各地で開催した。 11月27日(日)・30日(水)には、トヨタ自動車に所属する選手・コーチら(GLOBAL TEAM TOYOTA ATHELETE)による、「#世界にチャレンジ」をメッセージとしたトークショー『日本を背負う想い〜世界にチャレンジ〜』を実施。 トークショー1日目は、元バスケットボール日本代表・三好南穂と、FC町田ゼルビア所属・太田宏介選手によるトークショーを開催した。 この日は「FIFA ワールドカップ カタール 2022」における日本代表のコスタリカ戦を直後に控えてのトークイベント。 選手のモノマネをして会場に集まるサポーターに対し、「皆さんめちゃくちゃ似てますね!」と話しかけるなど、和気藹々とした雰囲気で対談がスタート。 序盤のトークテーマは、「日本を代表していると実感した瞬間は?」。 太田選手は「満員のスタジアムで日本代表のエンブレムをつけて国歌斉唱をしているときですね。これから試合が始まることへの昂る思いと、緊張と、いろいろな感情が混じりあって震えました」としみじみと答えた。 三好も「私も同じですね。試合前の国歌が流れている時です」と試合前の国歌斉唱への思いを語る。 続いての質問は「日本の代表に選ばれた時、嬉しい気持ち、責任感、どちらの方が強くありましたか?」というもの。 三好は「厳しい合宿を重ねてきたので、やっと入れたという嬉しさが一番でしたね。その後はすぐに、自分が入った分、落ちたメンバーもいるので、その選手たちや日本のために頑張らなければいけないなという責任感は出てきました」とまわりのことも考え気持ちも徐々に変化していったようだ。 一方、太田選手は「僕は自分の喜びでいっぱいいっぱいでした。すごいですね、まわりのことも考えられていて」と感心した様子を見せる。 最後のトークテーマは「日本を代表するアスリートに伝えたいこと」。 太田選手は「この会場の一体感を見ればわかると思いますが、今日は皆さんひとつになって日本代表を応援しましょう!そしてまた、試合後にいい景色を見れるように頑張りましょう!」と熱いメッセージを送り、これには会場のボルテージも最高潮に。 トークショーが終わると、日本VSコスタリカ戦がついにキックオフ。 三好・太田選手による熱いトーク直後の会場は熱気に包まれ、大きな盛り上がりを見せた。 11月29日(火)〜12月1日(木)には、渋谷ストリームで「ABEMA FOOTBALL FESTIVAL in Shibuya」を開催。 フットサルのコートを模したフォトスポットや、ARグラス「Nreal」の体験ブースなどを展開した。 11月30日(水)には2回目のトークショーを開催し、太田宏介選手と、アーチェリー日本代表の武藤弘樹選手が登場。 トーク前半では「日本を代表することでプレッシャーは感じますか?」というテーマについて、太田選手は「招集を受けた時から、試合終了のホイッスルが鳴り終わるまで、ずっとプレッシャーを感じています。サッカーだけでなく、私生活も全てです」とコメント。 気になるプライベートでのプレッシャーについては「まわりからの見られ方やサッカーへの姿勢はもちろん、身だしなみはすごく気にするようになりました。練習に行く時の格好など、日本代表の選手がカッコ悪かったら嫌じゃないですか。子供たちに夢を与えられるように、しっかりといいものを着て、いいものを身につけるというのは心がけていました。先輩からも言われていましたね」と話し、未来の選手に夢を持たせることを意識しているのを明かした。 また、武藤選手も身だしなみについては「僕も意識しています。その選手のイメージにつながるので。変わった服装をしている人、いいものを身につけている人、それぞれいますけど、いいイメージになるように心がけています。言動の部分も気をつけていますね」と、日本を代表する選手ならではの意見も。 トークの後半戦では「世界と戦うために心がけていること」として、武藤選手が驚きの練習を明かす。 それは「1000本打つ」という練習方法。 武藤選手はこの練習について「中高生の頃から人より1本でも多く打とうと意識してきました。今の世界のトップの選手は1日300本くらい打っています。それでも多いくらいですが、僕は大学生の頃からアベレージでその倍くらい。一番きつかった練習では1ヶ月毎日1000本打っていました。文字通り、血が指ににじむほど」とその過酷さについても言及。 これには太田選手も「これですよ、メダリストの強烈な努力は!」とあまりのすさまじさに、笑顔を見せた。 最後に、今後のキャリアについて「指導者には?」と聞かれた太田選手は、「現役を辞めたら違うことがやりたいですよね。ビジネスをやりたい。今は色々と準備もしています。もちろん、サッカーに100%を注ぎますが、その後の長い人生の準備もしっかり怠らないようにしたいなと思っています」と意外な展望を話した。 終始温かいムードに包まれ、大きな拍手の中トークイベントは終了した。 ■FIFA ワールドカップ カタール 2022特設ページ:https://abema.tv/video/genre/fifaworldcup