下町の雰囲気が広がり、食べ歩きの名所として多くの人が集う「甘酒横丁」 は、東京の日本橋人形町にあります。

「実際に行ってみたいけど何がおすすめなのかわからない」といった人もいるはずです。

この記事では、甘酒横丁でおすすめの店舗を7つ紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

歩きながら喉を潤す♪甘酒横丁ならではのドリンクを飲めるお店4選

Photo by photoAC

甘酒横丁に訪れたらまず、ここでしか飲めないオリジナルドリンクを飲んでみましょう! ここからは甘酒やほうじ茶を飲める店舗を4つ紹介しています。 スイーツを食べられるお店もあるので、ぜひドリンクと一緒に食べてみてくださいね。

とうふの双葉

ノーマルタイプや焼きタイプ、絹タイプはもちろん、竹に入った豆腐も取り扱っているとうふの双葉。 甘酒のソフトや豆乳ドーナツなどのスイーツも販売しているので、甘酒横丁の立ち寄りスポットとして有名です。 ドーナツは程よい甘さで、誰でも食べやすい味になっています。

甘酒は紙コップで販売されており、ドーナツと一緒に購入するのがおすすめです! 袋に入った甘酒を各種販売しているので、お土産にもぴったりですよ♪ 1階は豆腐や惣菜を販売し2階はレストランになっているので、出来立ての老舗の料理を味わってみても良さそうです。

基本情報

  • 住所:東京都中央区日本橋人形町2-4-9
  • アクセス:人形町駅から徒歩約1分
  • 月曜日〜土曜日:7:00〜19:00
  • 日曜日:10:00〜18:00

京菓子司 彦九郎

プルプルのわらび餅や食べ応えのある栗が入った彦九郎まんじゅうなどを取り揃えている、京菓子司彦九郎。 甘さ控えめで食べやすいサイズのとらやきも人気で、立ち寄ったら欠かさず購入したいところ。甘酒はホットとアイスの2種類あり、アルコールが入っていないので年齢問わずに飲めるのも嬉しいですね!

また甘酒はクセが強くなく飲みやすいので、甘酒初挑戦にもぴったり。 ただしアイスの甘酒は常時飲めるものの、ホットの甘酒は冬季の土曜日・日曜日・祝日しか飲めないので要注意です。 ぜひ今の時期にしか飲めない温かい甘酒を味わってくださいね。

やきもちや栗羽二重餅なども冬季限定で、今の時期でしか手に入れられません。冬と同様に春・夏・秋限定の商品もあるので、四季を感じながらショッピングできますよ♪

https://www.hikokurou.jp/

基本情報

  • 住所:東京都中央区日本橋人形町2-11-3
  • アクセス:人形町駅から徒歩約1分
  • 平日:10:00〜20:00
  • 土日祝:10:00〜18:00

新川屋佐々木酒店

地方の日本酒を取り揃えており、甘酒横丁の酒屋で親しまれている新川屋佐々木酒店。 その場で飲める甘酒も販売しています。酒屋の甘酒なので「結構きついのでは?」と思ってしまいますが、甘味が強いので飲みやすいです。

新川屋佐々木酒店では日本酒や焼酎、ワインなどバリエーション豊かな商品を揃えており、まるでお酒の記念館にいるような気分になります。 種類が豊富なうえ珍しいお酒が置いてあるので選ぶのに困ってしまいますが、それも新川屋佐々木酒店ならではの楽しみの1つ。 ノンアルコールの甘酒瓶や酒蔵サイダーなどもあるので、お酒が苦手な人も嬉しいですね♪

基本情報

  • 住所:東京都中央区日本橋人形町2-20-3
  • アクセス:人形町駅から徒歩約2分
  • 平日:9:00〜23:30
  • 土曜日:9:00〜20:00
  • 日曜日・祝日:12:00〜18:00

森乃園

日本橋人形町に4店舗を構えるほうじ茶の専門店森乃園。 ほうじ茶のソフトクリームやぜんざい、パフェなどバリエーション豊かなメニューが展開されています。 イートインとテイクアウトの両方ができるので、店内で足を休めたい人や道の脇でちょっとした休憩を取りたい人でも気軽に利用可能。

ほうじ茶ソフトクリームは特に人気で、甘酒横丁を散策するのであれば1度は味わっておきたいところです。 テイクアウトのみになっているので、店前のベンチで食べてみましょう。 寒くなったら店内に入って温かいぜんざいを食べるのもおすすめです。柔らかな甘味のほうじ茶風味のビールもあるので、ぜひ一味違った風味を感じてみてください。

https://morinoen.jp/

基本情報

  • 住所:東京都中央区日本橋人形町2-4-9
  • アクセス:人形町駅から徒歩約1分
  • 平日:13:00〜18:00(ラストオーダー:17:00)
  • 土日祝:12:00〜18:00(ラストオーダー:17:00)

横丁付近でホカホカグルメ♪頬がとろけそうになるお惣菜店3選

Photo by photoAC

甘酒横丁には焼き鳥店や惣菜店があり、ところどころから美味しそうな匂いが立ち込めてきます。 以下ではその場で食べられる3店舗を紹介しているので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

鳥忠

鳥忠は明治時代から始まり、長い歴史を誇る焼き鳥店です。 地鶏や五目、ナンコツなどつくねの種類が豊富で、さまざまな違いを感じながら食べられます。 焼き鳥のほかにもゆで鶏やあぶり焼きチキン、ローストレッグなどの肉料理もメニューにあり食べ歩きはもちろん、家に持ち帰ってゆっくり食べてもいいですね!

焼き鳥に並んで人気なのが玉子焼と生肉で、玉子焼きは温かい状態はもちろん冷めていても違った美味しさがあります。 あまりの人気に完売してしまうこともあり早い時間帯だとゲットできる可能性が高いので、ぜひなめらかで甘味のある玉子焼きを堪能してみてくださいね。

生肉は比内地鶏や名古屋コーチン、薩摩しゃもなどご当地の品種も取り扱っており、訪れたらぜひ購入しておきたいところです。鳥忠では時期によって限定メニューが追加されるので、その時にしか食べられない料理に出会えるかもしれませんよ。

https://www.toritada.co.jp/

基本情報

  • 住所:東京都中央区日本橋人形町2-10-12
  • アクセス:人形町駅から徒歩約1分
  • 月曜日〜金曜日:9:00〜19:00
  • 土曜日:9:00〜18:30

人形町今半 惣菜本店

甘酒横丁の惣菜店といえば人形町今半惣菜本店。 黒毛和牛を使用した惣菜やお弁当を販売しており、約700円〜約950円のリーズナブルな弁当から約1,000円〜3,300円のリッチな弁当があります。 特に秘伝の割下を使用したすき焼きコロッケは人気があり、サクッとした衣とまるですき焼きを食べているかのような味わいに釘付けになってしまうかもしれませんね。

メンチカツも食べ歩きグルメで人気があり、すき焼きコロッケ同様に外はサクサク!ボリューミーなメンチカツなので、1個食べただけでも満足感がありますよ♪ すき焼き肉まんや豚まん、ごままんもあるので、惣菜とともに購入して食べ歩きを楽しみましょう。

基本情報

  • 住所:東京都中央区日本橋人形町2-10-3
  • アクセス:人形町駅から徒歩約2分
  • 時間:10:00〜19:00

人形町 志乃多寿司總本店

食べ歩きで日本の文化を感じたいといった人におすすめなのが、明治10年から続く伝統あるお店、人形町志乃多寿司總本店。 いなり寿司や巻き寿司などを販売しており、多くの人が立ち寄るお店です。定番料理のいなり寿司は程よい甘味で、ノーマルタイプはもちろん期間限定のいなり寿司もあります。焼きアナゴや紅鮭の押し寿司は身が締まった旨味があるのでおすすめですよ!

変わり志乃多7種入りは、はすやちりめんじゃこなどさまざまな味を1つのセットで食べられ満足感があります。 ぜひ下町の風情溢れる甘酒横丁で、伝統的な食を味わってみてください。

https://www.shinodazushi.co.jp/index.html

基本情報

  • 住所:東京都中央区日本橋人形町2-10-10
  • アクセス:人形町駅から徒歩約2分
  • 時間:9:00〜19:00

厚着して下町をぶらっと散策♪

Photo by photoAC

甘酒横丁は甘酒やほうじ茶などの飲み物のほか、焼き鳥や肉まんなどを販売しているお店が揃っています。 期間限定商品を置いているお店もあるので、その時期にしか食べられないグルメに出会えるかもしれませんね♪
ただ歩くだけでもどこか懐かしさがある雰囲気を楽しめますが、せっかく足を運ぶのであればぜひさまざまな食を味わってみましょう。

出典・参考

  • 人形町「甘酒横丁」のおすすめ食べ歩きグルメ7選!
  • 人形町でおすすめグルメを食べ歩き♪〜お土産にもおすすめ〜

余暇プランナー:ろんちょん