「せっかくだから今しか見られない絶景を目に収めたい」と考えている人もいるでしょう。

山形県と栃木県には各地から多くの人が訪れるイベントが揃っており、早くて11月から開催しているイベントもあります。

この記事では、冬季に開催する山形県と栃木県のイベントを4つ紹介しているので、ぜひウィンターシーズンのおでかけの参考にしてみてください。

蔵王樹氷まつり<山形県>

Photo by Shutterstock

例年12月〜2月の期間中に雪の絶景を望める「蔵王樹氷まつり」。2023年は12月23日(土)からの開催が決まりました。 蔵王の樹氷といえば「スノーモンスター」の異名があり、雪と氷の世界が一帯に広がっているのが特徴。 木々は白く染まりまるで雪を身に纏った生き物が住み着いているかのようにも見えます。

蔵王温泉スキー場では樹氷のすぐ横にコースがあるので、滑りながら樹氷の眺めを満喫するのも可能です。ウィンタースポーツで汗を流しながら見る絶景は格別なうえ、体も温まるので一石二鳥♪ ロープウェイも運行しているので、上空から樹氷の迫力を味わうのも人気です。

カラフルな樹氷を見るならココ!

「蔵王樹氷まつり」の見どころは蔵王の樹氷がライトアップされるところ! 昼の荘厳さに加えて、夜はイエローやオレンジのライトで照らされ幻想的な雰囲気になり、まるで地上にあるオーロラのよう。 ロープウェイから見る景色は、横からの眺めとは違った視点で見られるのでおすすめです。ただし36日間限定なうえ天候によっても運行状況が変わるので、訪れる際は運行情報を要チェック!訪れる際は防寒対策もしっかり行ってくださいね。

https://www.zao-spa.or.jp/information/%E8%94%B5%E7%8E%8B%E6%A8%B9%E6%B0%B7%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A2024%E9%80%9F%E5%A0%B1%E2%9B%84/

基本情報

  • 期間:2023年12月23日(土)〜2024年2月25日(日)
  • 時間:17:00〜21:00(ロープウェイ)
  • 場所:山形県山形市蔵王温泉
  • アクセス:山形駅から車で約30分

やまがた音と光のファンタジア<山形県>

Photo by photoAC

クリスマスマーケットやワークショップ、イルミネーションなどで冬の山形を沸かせる「やまファン」こと「やまがた音と光のファンタジア」。 メイン会場は最上川ふるさと総合公園で、イルミネーションは寒河江市・河北町・西川町・朝日町・大江町の道の駅や温泉館など各所にて展開されています。 演出はないものの見ているだけで心が弾むので、町内巡りをしてみるのも楽しいでしょう。

本会場の最上川ふるさと総合公園では12月24日(日)からお絵描き体験をしたりゆるキャラを見られたりするので、お子さん連れにもぴったり。 2024年1月8日(月)まではスタンプラリーも開催しているので、観光の一貫で訪れても良いですね♪

フォトジェニックな写真を撮るならココ!

「やまがた音と光のファンタジア」の魅力はなんといっても、本会場のライトアップが豪華なところです。 ひかりの羽根やさくらんぼのハートベンチ、ウェルカムゲートなどインスタ映えも狙えるスポットが点在しています。

また大江ツリーや朝日ツリー、西川ツリーなど町の名前が付いたツリーが多いのも魅力の1つです。キッチンカーエリアもあるので、写真を撮ったり園内を見て歩いたりして疲れた時は、食事とりながら休憩してください。 ただし、キッチンカーは土日祝日のみ出店となります。

「やまがた音と光のファンタジア」のフォトコンテストも開催しているので、特産品の獲得を目標にぜひ力作を投稿してみてください。

https://yama-fan.jp/

基本情報

  • 期間:2023年11月25日(土)〜2024年1月8日(月)
  • 時間:17:00〜22:00
  • 場所:山形県寒河江市寒河江山西甲1269
  • アクセス:山形駅から車で約25分

グリムの森イルミネーション<栃木県>

Photo by Pixabay

栃木県下野市にあり、まるでグリム童話に出てきそうな城を見られる「グリムの森」。 ワークショップ会場やコンサート会場に利用され、地元の人の憩い場ともされています。 施設内はものがたりの泉やお菓子の家、グリムの広場などがあり、ヨーロッパのような雰囲気が漂っているのが特徴です。

2024年1月3日(水)までは「グリムの森イルミネーション」が開催され、メルヘンチックな要素に加えてロマンチックさもプラス! 特に輝きを纏った城は特に見もので、中世ヨーロッパのような雰囲気が漂っています。

中世ヨーロッパの趣も感じられる

「グリムの森イルミネーション」の魅力は入場料無料で、花が咲き誇っているかのように色鮮やかなイルミネーションを見られるところです。 ライトアップされた城が水面に映り込み、まるで2つの世界があるかのように見えるのもポイント。 ツリー型のオブジェからはブルーやグリーン、イエローやレッドの光が放たれクリスマスムード満載なので今の時期にぴったりですね。

12月10日(日)・12月17日(日)・12月24日(日)はコンサートなどのイベントが開催され、さらに盛り上がります。 ぜひ催しが行われるタイミングを狙って訪れてみましょう!

https://www.grimm-no.net/

基本情報

  • 期間:2023年11月26日(日)〜2024年1月3日(水)
  • 時間:17:00〜21:00
  • 場所:栃木県下野市下古山747
  • アクセス:宇都宮駅から車で約30分

Bamboo Winter Lights 2023<栃木県>

Photo by photoAC

東京ドーム約5個分の広さを誇り、竹で幻想的な空間を作り上げた「若竹の杜 若山農場」。 竹林でテントを張り野宿できるほか、竹工作体験もできるので観光だけでなくアクティビティスポットでも人気です。 もちろん散策も可能で、竹の匂いを感じながらゆっくりとした時間も過ごせます。

2023年11月18日(土)〜2024年2月25日(日)までの約3ヵ月の間にはライトアップイベント「Bamboo Winter Lights 2023」が開催され、さらに幻想的な景色を望めるでしょう。 日中は木漏れ日が入ってきて静寂なムードが漂っていますが、夜になると竹林が光に照らされミステリアスな雰囲気に一転するので必見です。

日本ならではの味わいがある

「Bamboo Winter Lights 2023」の魅力は物語に出てきそうな世界観の中に飛び込めるところです。 竹林のライトアップは年中行われているものの、冬季ライトアップの「Bamboo Winter Lights 2023」は今しか開かれないので、冬ならではの味わいも感じながら竹林のアートを見て回れるでしょう。

特に竹が入り組んだトンネルはフォトスポットにうってつけで、フォトジェニックな写真を撮れること間違いなしです。 空中に浮かぶ蹴鞠のようにも見える飾りは風が吹くごとにゆらゆらと動き、癒しを与えてくれます。

このイベントは金曜日も開催しているので、仕事終わりでも足を運べるのが嬉しいポイントです。土日の昼と夜は「お抹茶セット」プランもあるので、散策にプラスして「若竹の杜 若山農場」ならではの風情を味わってみてください。

https://www.wakayamafarm.com/post/%E4%BB%8A%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%86%AC%E5%AD%A3%E9%99%90%E5%AE%9A%E4%BC%81%E7%94%BB-bamboo-winter-lights-2023

基本情報

  • 期間:2023年11月18日(土)〜2024年2月25日(日)
  • 時間:日没〜20:00
  • 場所:宇都宮市宝木本町2018
  • アクセス:宇都宮駅から車で約20分

https://www.wakayamafarm.com/

冬季開催のイベントに参加してみよう!

山形県には雪の幻想を満喫できるスポットが、栃木県には季節感を味わえるスポットがあります。

この時期だからこそ見られる景色もあるので、ウィンターシーズンはぜひ山形県や栃木県にドライブしてみてはいかがでしょうか。

出典・参考

  • 第13回グリムの森イルミネーション
  • 若竹の杜 若山農場 - Bamboo Winter Lights 2023 -

余暇プランナー:ろんちょん