日本の年賀状のように海外で送り合う習慣のあるクリスマスカード。

かわいいイラストのカードから仕掛けのあるものまで。クリスマスをさらにわくわくさせてくれるアイテムです。

郵便で送らなくてもプレゼントにそえて使うこともできます。買いたいデザインもたくさんありますが、手作りアイデアもたくさん。

今回は、手作りクリスマスカードのアイデアを3つご紹介します。

使うのは刺繍糸やレースペーパー、マスキングテープなど身近な素材ばかり。誰でも簡単にかわいく仕上げることができるので参考にしてください。

クリスマスカードとは

Photo by Canva

外国では クリスマスをお祝いする季節の挨拶状として親しまれているクリスマスカード

友だちや家族に日頃の感謝や幸運をお祈りするカードとして送られています。 まさに日本の年賀状のような役割ですね。

立体的なものからシンプルなイラストのカードまで。日本でもバリエーション豊かなクリスマスカードを楽しめるようになってきました。

Photo by cocohouse.m

今回は身近なものを使った3種類のクリスマスカードをご紹介します。

  • 刺繍で描くクリスマスカード
  • 切り絵で彩るクリスマスカード
  • レースでおしゃれなクリスマスカード

さっそく作ってみましょう。

刺繍糸で描くクリスマスカード

Photo by cocohouse.m

ポストカードや紙も針と糸で縫うことができます。ステッチを入れるだけで立体感もあってとてもかわいいですよ。

今回は刺繍糸を使ってクリスマスツリーをデザインします。

材料と道具

Photo by cocohouse.m
  • ポストカード
  • 色画用紙やデザインペーパー
  • 刺繍糸と針
  • のりや両面テープ

ポストカードは無地のものを。100円ショップで両面無地のカードも探すことができます。

刺繍糸は2-3色を目安に。 ツリーの部分は1色より2色のほうがかわいく仕上がります。 星などのかざり用にもう1色あるといいですね。

【作り方】ポストカードに下絵を描く

Photo by cocohouse.m

まずは下絵を描きます。今回はシンプルなクリスマスツリー。真ん中にえんぴつで三角を書きましょう。

星や飾りなども書いておくといいですが、あとからつけ加えることもできます。

【作り方】線にそって糸を通す

Photo by cocohouse.m

三角形にそって刺繍糸で縫っていきます。

線を描いた方が裏面、糸がツリーの形になる方が表になります。

糸はぬいものと同じように玉むすび。 裏面からスタートします。

2つの辺の間を交互に縫っていきましょう。まず 表に出てきた糸を反対側に向かって少しななめにのばします。 反対の辺に来たら針を裏面に。そこから 上下どちらかに針を少しずらしましょう。

また表面にさしてから少しずつ上に向かって縫っていきます。

糸が終わったら玉結び。

Photo by cocohouse.m

表面はツリーの形に。裏面は三角形の2辺の形になっています。

1色目がぬえたら2色目を重ねましょう。すきまが気になるときはさらに縫い足していきます。

【作り方】星などをかざりを加える

Photo by cocohouse.m

ツリーの形が完成したらかざりを増やしましょう。

クリスマスツリーのてっぺんはやはりお星さま。星形を作りにくい時は3本の糸を交差させます。周りに星をちらしたり、ポストカードのふちをステッチで縫うとおしゃれになりますよ♪

【作り方】文字を加える

Photo by cocohouse.m

メッセージや文字を書き込みましょう。

刺繍糸で縫ってもいいですが、手書きでも十分です。

【作り方】色画用紙にポストカードを貼り合わせる

Photo by cocohouse.m

デザインが完成したポストカードの裏にのりや両面テープをつけます。 色画用紙と貼り合わせましょう。

色画用紙のサイズはポストカードよし少し大きめに。色画用紙を貼って完成!

もしポストカードとして郵送したいときはサイズに注意してください。 はがきとして送ることができるサイズは横9cm〜10.7cm、たてが14cm〜15.4cmです。

色画用紙をポストカードと同じサイズにカットするか、ポストカードのサイズを小さめにしましょう。

封筒で郵送するときは規格をよく確認しましょう。定形外郵便の企画ないサイズはたて34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内です。

プレゼントなどに添えるのであればサイズは自由です。

小窓で彩るポストカード

Photo by cocohouse.m

丸や三角などシンプルな形にカードを切って小窓を使います。シンプルな形で華やかなポストカードを作りましょう。

得意な人は雪の結晶など複雑な形にも挑戦してくださいね。

材料と道具

Photo by cocohouse.m
  • 白の厚紙
  • 色画用紙
  • マスキングテープ
  • カッター
  • ボールペン
  • のりや両面テープ

今回はマスキングテープを使ってコラージュを楽しみます。 テープは3種類以上あるといいですね。 あまり色が多すぎるとまとまりがなくなるので注意してください。

【作り方】白の厚紙を半分に折り、半面にマスキングテープを貼る

Photo by cocohouse.m

厚紙を半分に折ります。 内側の半面にマスキングテープを貼りましょう。

ストライプになるように2〜3種類のマスキングテープを貼っていきます。

長く貼ってはみだした部分はカットします。

【作り方】もう半面を丸や三角に切り抜く

Photo by cocohouse.m

もう片方の面を切り抜きます。今回はボール型のクリスマスオーナメントがモチーフ。丸くカットしましょう。

三角でツリーにしたり、星の形も面白いですよ。慣れてきたら雪の結晶などにチャレンジです!

丸く切りたい場所に下書きします。下書きに沿ってカッターでカットしていきましょう。

【作り方】白いカードに色画用紙を貼り合わせる

Photo by cocohouse.m

ポストカードを色画用紙を貼ります。 貼らずに、そのままで完成にしてもかまいません。

色画用紙をつけることでより色鮮やかに仕上げることができます。

【作り方】イラストを書き加える

Photo by cocohouse.m

クリスマスオーナメントに見えるよう、丸にイラストを書き加えます。 ひもと留め具を書き足すとオーナメントらしくなりました。

ツリーならてっぺんのお星さま。サンタの帽子なら丸いボンボンなど。

切った部分にマスキングテープのコラージュが重なってデザインが仕上がります。

『Merry Christmas』などのメッセージも書いておきましょう。

中の余白にメッセージを描いたり、吹き出しシールを使ってアレンジしてください。

これで完成です!

レースでおしゃれなポストカード

Photo by cocohouse.m

レースペーパーがあるとかわいいツリーのポストカードができます。

絵を描かなくてもいいので誰でも簡単に仕上がります。

材料と道具

Photo by cocohouse.m
  • レースペーパー
  • 色画用紙
  • のり
  • シール

レースは色々なデザインがあるのでお店でお好みのものを選んでください。 丸みがあるものや丸いカットが多いものがより使いやすいです。

【作り方】レースを三つ折りにする

Photo by cocohouse.m

頂点を決めてツリーの形になるように調整しながら3つ折りにします。

ぴったり重なるよりもすこしずらしてレースのひだがきれいに見える場所がおすすめ。

形が決まったらのりをつけます。 スティックのりならちょんちょんと数カ所つけるだけ。 ぴったりのりをつけるよりひらひらが残るとかわいいです。

隙間からのりがはみ出てべたべたに なるので、のりが付いてもいい紙の上で塗ってください。

【作り方】色画用紙に貼る

Photo by cocohouse.m

次に、できたレースのツリーを色画用紙に貼りましょう。

同じくのりをつけます。 今度は全体にできるだけしっかりと貼っておきましょう。 スプレーのりがあれば活用するといいですね。

【作り方】シールやマスキングテープでデコレーション

Photo by cocohouse.m

最後にシールを貼ってツリーを飾りつけします。

周りにマスキングテープも貼ってみました。

これで完成!レースのデザインによって雰囲気が変わるのでいろいろと試してみてください。

身近な素材でクリスマスカードをもっと気軽に

Photo by Canva

刺繍糸やレースペーパーなど身近にある素材でも華やかなクリスマスカードが完成。

シールやマスキングテープを加えるだけでもとてもかわいく仕上がりますね。クリスマスデザインのシールもたくさんあるのでどんどん使いましょう。

お楽しみがいっぱいのクリスマス。クリスマスカードでさらに気分を盛り上げましょう。プレゼントとしてクリスマスカードを渡すのも素敵です。

今回ご紹介したアイデアは年賀状やバースデーカードにもアレンジできます。 参考にしてください。


余暇プランナー:cocohouse.m