トレーニングのせい? お尻ぺたんこ、胸しょんぼり…

ボリューム感のあるプリッと上がったお尻、キュッと引き締まったウエスト、ムダのないお腹、たるみのない腕!そんなメリハリのある女性らしいカラダに憧れて、トレーニングに励む女性が増えています。

でも、トレーニングを続けていると気になることが…。脂肪が落ちて筋肉がついてくるのはうれしいけれど、何だかカラダがゴツゴツと筋張ってきて、お尻はぺたんこ、胸もしょんぼりしぼんできたような…。思い描いていた女性らしいカラダから、どんどんかけ離れてきてしまった。こんなはずじゃないんだけど…。そんな声もちらほら聞こえてきます。特にトレーニングを長く続けていると、そんな悩みが増えてくるようです。

カギを握るのは、女性ホルモン

トレーニングをすると、脂肪が燃焼し成長ホルモンが出て、筋肉が成長します。そのおかげで、カラダが引き締まり、筋肉がつく反面、女性らしさは陰を潜めてしまいがちです。

そこで注目してほしいのが女性ホルモン。

女性ホルモンは、肌や髪の潤いを守ったり、女性特有の丸みを帯びたカラダを作るほか、脳や自律神経に働きかけ、女性の心と体の両方に大きく影響します。

女性ホルモンの分泌は、20代〜30歳ごろをピークに、35歳ごろから減少し始め、40〜45歳ごろになると急激に分泌量が低下していきます。20代、30代、40代と体つきが変化するのは、こうした女性ホルモンの変化が影響しているのです。

30代半ばにさしかかり、女性ホルモンの影響で体つきが変わってくるのは自然なこと。でも、必要以上に女性ホルモン量が低下して、体形が崩れやすくなっているケースも珍しくありません。例えば、睡眠不足や睡眠のリズム、食事の乱れによって、ホルモン全体のバランスが乱れると、女性ホルモンの分泌も乱れてしまいます。こうなると、トレーニングをして脂肪が落ち、体がゴツゴツと筋張りがちになるわけです。

女性ホルモンの分泌をサポートするおすすめ食材

牡蠣
牡蠣に含まれる栄養素の中で、特に注目すべきは亜鉛。亜鉛は多くの代謝にかかわる他、ホルモンの分泌にも関与していると言われています。

大豆食品
大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きがあります。食事で取り入れることで女性ホルモンをサポートする作用が期待できます。

赤ピーマン
赤ピーマンに多く含まれるビタミンEが、女性ホルモンの分泌を助けます。ビタミンCもたっぷり含まれるので、代謝UPや美肌作りにも効果的。

オリーブ
ホルモンの生成に脂質は不可欠。オリーブには良質の脂質が多く含まれる他、ビタミンEも十分含まれています。オリーブオイルもGOOD。

【女性ホルモン分泌サポートRecipe】

牡蠣とオリーブの炊き込みごはん

【材料】(3人分)

米…2合

牡蠣…約200g

オリーブの実(塩漬)…約15粒

赤ピーマン…1/2個

ニンニク…1片

大豆水煮…50g

塩…小さじ1/2強

オリーブオイル…小さじ2 

黒コショウ…適量

【作り方】
1:赤ピーマンは1〜2cm角切りにする。ニンニクは包丁の刃で抑えてつぶし、粗く刻む。

2:米を研いで炊飯釜に入れ、1、牡蠣、オリーブ、大豆水煮を加え塩、オリーブオイルを加えて普通に炊く。

3:器に盛り、コショウを振る。

女性らしいカラダを作るためには、脂質が不可欠。健康のためにと脂質を極端に減らすのは逆効果です。オリーブオイルや魚介の脂を適度に取り入れましょう。良質の脂質を含むアボカドやナッツもおすすめです。

撮影:藤村のぞみ
ライター:藤岡操/編集者、フードコーディネーター、栄養士。雑誌、書籍、広告で、ダイエット、健康関係の企画、レシピ開発をするの他、暮らしにまつわる企画を担当。さいたま市浦和在住。