もしかしてそれって「むくみ」かも?

最近太ったと感じる原因は、むくみなの?脂肪なの?女性としては気になるところです。

まずは当てはまる項目でむくみ度をチェックしてみましょう。

◇むくみセルフチェック

・体温が36.5度以下だ
・以前より、お腹がぽっこりしている
・まぶたが腫れやすい、または二重アゴだ
・へその下に触れると冷たい
・舌がぼてっとしていて、歯型がつく
・ノドが渇きやすい
・パン、ケーキなど白くてフワフワした食べ物が好き
・1日1ℓ以上の水を飲む
・尿の出る回数が1日9回以上、または4回以下

二つ以下なら今のところ問題なし。三〜五つは水毒予備軍なので、悪化しないように心がけましょう。六つ以上は重度の水毒症。ただちに生活習慣の改善を!

「むくみ」という名の水毒症

東洋医学では「気」(き・気力など目に見えないエネルギー)、「血」(けつ・血液)、「水」(すい・体液)の三つが正しく体内を巡ることで心身の健康を保つと考えます。このうち「水」の働きに代謝異常が生じた状態を「水毒症」と呼び、むくみもその一つに入ります。

むくみは水分だけで生じるのではありません。

水分をきちんと排出できる体であることが重要です。むくみに効果的な経絡(ツボからの刺激を体内に巡らせるルート)を刺激して、「水」の巡りをよくしましょう。

まずは経絡に沿って体をたたくことから始めてみましょう。

◇腎経
腎は、成長、生殖、免疫機能を高め、生命のエネルギーを高める場所。肺、脾と協力し合って水分代謝をコントロールし、尿を生成、排出役割も担っています。

腎経ラインは足裏からふくらはぎの内側へ向かい、股関節まで。足先から股関節に向かって、繰り返しパタパタとたたきます。

◇肺経
肺は「気」のエネルギーを取り込み、水分バランスの調整を助けます。ここが弱まると風邪をひきやすく、お腹まわりがむくむとも言われています。

肺経ラインは肩からヒジの内側へ向かい、手の親指まで。肩から指先に向かって、繰り返しパタパタとたたきます。

二つの経絡に刺激を与えることで、実は太っていたのではなく、むくんでいただけだったと判明する時もあります。さっそくやってみて下さい。

ライター:幸雅子
出典;『ヨガで健康を!』/「ヨガ的ダイエット!透明感のある女性になる」
監修:高村マサ/鍼灸整骨院院長、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、インド政府公認ヨガ療法士、IYCアシュタンガヨガTT修了など多彩な知識を持つ。最近は千葉の古民家にて天然酵母パンの販売を不定期で行う。「骨盤ヨガ」「経絡YOGA」「リリースヨガ」考案者。4児の父。