寒い時こそ体を伸ばそう


気温が低くなると、どうしても体を丸めてしまいますよね。背中を丸めてギューッと力が入ったままだと、姿勢も悪くなってしまいます。毎日タートルネックの服やマフラー、重いコートを着ていると、肩まわりが緊張。肩コリを感じることもあるかもしれません。また、じっとしていることが多くなると運動量も低くなります。その結果、血行不良を起こしてしまうことにもつながります。

寒い季節だからこそ、体を動かしてストレッチ!しっかりと体を伸ばすことが大切です。

まずは体を温めよう

気温が低いと体もこわばってしまいます。急に体を動かすとケガをしてしまうことも…。ストレッチの前には必ず体を温めることを意識しましょう。

オススメはお風呂の後!温かいお湯につかることで血行促進にもつながりますし、お風呂上がりのホカホカの状態でストレッチすると、筋肉も温まっているのでストレッチ効果も高まりますよ。

軽いウォーキングや、体を動かした後にストレッチをするのもオススメです。起きてすぐや寒いところなど、体が冷えた状態ではやらないようにしてくださいね。

オススメのストレッチ3選

◇まずは思いっ切り伸びてみよう!前かがみに縮こまってしまった体を、たっぷり広げるストレッチ
1. 両脚を軽く広げて立ちましょう。バランスを崩さないように、肩幅くらいに脚を開きます。
2. 手を上に持ち上げ、バンザイの姿勢になりましょう。吸う息ごとに上へ上へと手を伸ばすように、体全体を伸ばします。
3. 手を少し後方まで広げてみましょう。さらに胸あたりが広がって、心地よい伸びを感じることができます。

◇体側伸ばしで上半身すっきり
1. 上のバンザイの姿勢から、両手を頭の上で組みます。
2. 少しずつ右側に体を傾け、左のワキ腹を伸ばしましょう。息を吸うごとに手を遠くに届かせるように。
3. 反対側も同様に行います。

◇肩まわりもすっきり!体全体を動かした後に、首を動かして肩まわりを心地よく伸ばすストレッチ
1. イスに座って右手で座面を持ち、首を左に傾けます。
2. 正面を向いたまま、頭の重さを感じましょう。吐く息ごとに頭が重くなるように。
3. リラックスしながら少しずつストレッチを深めます。
4. 反対側も同様に行います。

寒い冬も、体を温めながら緩めましょう!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ライター:櫻井麻美(さくらいあさみ)
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。