冬も終わりに近づき、春の足音も近づいてきました。冬の間にかたまっていた体も徐々に動き出す季節です。今年の冬は関節が痛いということはありませんでしたか?寒い季節には、関節痛や強張りに悩む人も多いですか、痛みがあると家の中でも動くのが面倒で、運動不足になリます。ツラい関節痛は冷えと大きな関係があるとも言われています。ここではそんな関節痛に対する原因や対策をお話できればと思います。

そもそも関節痛とは?

関節痛は、長時間同じ姿勢をしていた時や、朝起きた時などに起こることが多いです。発生する部位は主にヒジ、ヒザ、指、手首、肩関節、股関節などです。関節痛は、寒い時期に強くなる傾向があり、痛みだけではなく、関節の可動性の減少も起こります。

関節痛が悪化すると、腫れなどにより炎症も伴い、日常生活を送るにも支障をきたします。また、肥満もヒザに負荷がかかり、関節痛を引き起こしやすくなります。関節リウマチや変形性関節症、関節に細菌が入る化膿性関節炎、痛風の疾病から起こる関節痛などもあります。また、過度な運動により関節を痛めてしまうケースもあリます。

冷えは大きな原因の一つ

四十肩・五十肩など、肩関節周辺の腱の老化から起こる関節痛、冷えによって起こる血行不良も関節痛の要因です。寒さが厳しい冬場に手足の末端、お腹などに強い冷えを感じる方も多く、この冷えはなかなか改善しません。

寒くなると、血管を収縮して体内の熱を逃がさないように脳から指令が出ます。血管収縮は体温を低下させ、関節や末端などの冷えを引き起こします。栄養不良も関節痛を誘発することがあり、血流不足のために軟骨などに栄養が行きわたらないためです。

また、血流不足が筋肉の緊張やコリを引き起こし、関節痛になるケースも。原因はいろいろ考えられますが、冷えが関節痛の大きな原因。その緩和には冷えを取ることが大切です。冷え取り対策としてはじっくりとお風呂に浸かる、カイロで温める、サポーターなどで保護することもオススメです。

全身が温まると血管は拡張し、関節の血行も促進され、関節痛が和らぎます。日々の軽いストレッチを習慣にすることも、血流改善に役立ちます。関節周りの組織の緊張やコリを普段から解消しましょう。軽い筋トレで筋力アップをすると、筋肉が熱を作り出し冷えを感じにくくなります。

スパイスとリフレで体を温めよう

生姜、唐辛子、香辛料など体を温める食材も食生活に取り入れましょう。また、ボディセラピーは冷えの改善にとても役立つものですが、その中でもリフレクソロジーが一番オススメです。人は大地からエネルギーを吸い上げ、足裏を通してそのエネルギーを全身に回すと言われています。

足裏に老廃物がたまるとそのルートが閉ざされてしまい、体にエネルギーがなくなると血行が悪くなり冷えが進み、関節痛などの痛みも生じてしまいます。日々の生活にリフレクソロジーを取り入れて、関節痛などの体の痛みをサポートしましょう。お風呂上がりに行うと効果的です。

☆関節痛を改善するリフレクソロジー

ソーラープレクサス
足裏中央凹み

ヒジ
小指側面からカカトに向かって中央あたりの骨

ヒザ
ヒジの下

肩関節
小指側面上部

肋骨
足の甲側、ヒザより上部の凹みを握り拳を使ってほぐす

土屋朱美
リフレクソロジスト、アロマセラピスト、ヒーラー、エネルギーワーカーとしても20年以上のキャリアと豊富な知識を持ち、その確かな技術と優しい施術に幅広いファン層の支持を持つ。現在、横浜市金沢区みなと旅館内みなと湯、リフレクソロジーサロンにて施術を行っています。
http://www.minatoyu.com/relax.html