いい目覚めの前提は「睡眠の質を高めること」

あなたは早起きが得意ですか?毎日朝起きられない、起きるのがつらいという人は、「寝ても疲れが取れない」、「寝足りない」、「寝た気がしない」と感じているあるはず。

そう、寝起きが悪いということは、睡眠そのものに問題があるのです!まずは夜の就寝前に以下の五大NG行動をしていないか、チェックしてみましょう。

1:入浴直後にベッドに入って寝る。

2:寝る前にPCやスマホの画面を見る。

3:寝る時間の2時間以内に食事をする。

4:寝る直前に飲酒をする。

5:寝る前に興奮するような映画を観たり音楽を聴く。

いかがでしたか?2〜4はいかにも睡眠の邪魔になりそうな項目ですが、1はしてしまっている人も多いのでは?

体は体温を下げることによって深い眠りに入るので、湯上がりにすぐにベッドに入ると、体温が下がらず寝つきが悪くなってしまうのです。今日の夜から、意識してみてくださいね。

徐々に体を起こす目覚めケア

睡眠の質を向上したなら、目覚めを左右する「交感神経を意識的に活発化させる」ことに取り組んでいきましょう。筋肉を動かし血行を促進して、交感神経に刺激を与えるような動きが、目覚めには有効です。ベッドやイスに腰かけてできる、セルフストレッチをご紹介します。

◇Step1:胸式呼吸

1:肋骨に手を当て、鼻から息を大きく吸います。この時、肋骨が広がるのを手で確認しましょう。

2:肋骨を軽く押しながら、吸った息を口で吐き切ります。この動作を1分ほど繰り返してみましょう。

息を吸った時に肩が上がらないように注意。肋骨を横に広げるイメージです。 腹式呼吸ではないので、お腹が膨らまないように注意をするのがポイント。ゆっくり長く吐くとリラックス効果がありますが、朝の胸式呼吸は目覚めのために力強く吐き切りましょう。

◇Step2:末端のストレッチ

1:手と足の指を握って開いてを繰り返します。

2:足首や手首も回していきましょう。

この動作を1分ほど繰り返します。

末端から血流を上げていくことで、自律神経の働きもよくなってきます。 脚がつりやすい方は、足指や足首をしっかり動かしてから伸ばしましょう。

◇Step3:体ひねりストレッチ

1:大きく息を吸いながら、両手を上げ伸びます。

2:息を吐きながら、体を右にひねります。

3:息を吸いながら正面に戻り、上に伸びます。

4:息を吐きながら、体を左にひねります。

この動作を3分ほど繰り返します。

体幹の刺激をすることで大きな筋肉が動き、さらなる血流アップにつながります!

ぜひチャレンジして、さわやかな朝を迎えてくださいね。

情報提供:(株)ファクトリージャパングループ https://karada39.com
ライター:幸雅子
教えてくれた人:沼口依世/整体師・パーソナルトレーナー 。(株)ファクトリージャパングループ所属整体師。 大学時代ライフセービングをしながら積んだトレーナー経験を活かし、日常生活のお悩みから運動パフォーマンスの相談まで幅広く対応。現在は整体・ストレッチサロン「カラダファクトリーストレッチ」北千住店の店舗責任者として活躍中。
公式Youtubeチャンネル「#おうちでカラダファクトリー」でも、自宅でできる整体レシピをレクチャー中。
https://www.youtube.com/channel/UCd7JnwOqIix2hh9f7cXojlQ