これから暑い季節がやってきます。紫外線を考えると顔につけるものもちょっと多くなるし、汗もかくし。じめっとした季節は、一日に何度も顔を洗いたくなりますよね。では、洗顔のきちんとした方法知ってますか?思ったより簡単だけど、やってなかった洗顔法。これをちゃんとやれば、あなたのお肌が輝きます。

実は、私達の肌にとって、汗は化粧水、皮脂は乳液の役目をしています。つまり、本来、自前の天然スキンケアシステムを持っているわけ。でも、紫外線や残ってしまったメイク汚れなどの刺激で、そのバランスは崩れてしまいやすいんです。特に、UVカットやウォータープルーフ、落ちにくいメイクなどは、両刃の剣。洗顔してもスッキリしなかったりしませんか?それは汚れが残っている証拠。守ってくれるけど、お肌に残ってしまうと、肌は本来の働きができず、ダメージを与えてしまうんです。

あなたのお肌をぐーんとランクアップする、洗顔方法

STEP1:クレンジング
メイク落としはたっぷりと使います。顔にのせ、顔の中心から外に向かって、くるくると円を描くようになじませて、汚れを浮かします。大切なのは指先に力を入れないこと。力を入れて、お肌をこすってしまうと、かえってお肌にダメージを与えてしまいます。そうならないためにも、たっぷり使って優しく肌に触れること。

STEP2:すすぎはぬるま湯で
チェックポイントは、温度。ここで言うぬるま湯は、水を直射日光に当てておいた、いわゆる「日なた水」程度。ちょっとぬるまった、ぐらい。つまり、普通イメージするぬるま湯では、まだ熱い。水にかなり近いけど、冷たくはない低い温度ですすいで。冬も同様。

STEP3:洗顔料は十分泡立てる
泡立てた時に、もっちりとした泡ができて、すぐに消えないタイプの洗顔料を。泡立ては、ネットでも指でもいいので、しっかりと行い、もっちりとさせること。ここ、重要です。顔全体を厚く覆うくらいの量を、泡を壊さないようにそっと顔にのせましょう。

STEP4:泡を動かすようにゆっくりと手を動かす
手のひらを使い、肌に直接指が触れないように気をつけながら、ゆっくりマッサージ。顔に広げた泡だけを動かすイメージで行います。鼻や口のまわりも、泡を動かして。注意深く行いましょう。

STEP5:水を、年齢×2回洗う!!
まずは、日なた水で顔をすすぎます。その後、水を、両手で顔の上、下、右、左にまんべんなくかけます。回数は年齢×2回。これをやることで、スッキリ感が生まれるのです!

STEP6:タオルは優しく押さえる程度に
タオルで「拭く」というより「押さえる」。ゴシゴシは絶対NG。ふんわりと両手で顔を包む感じです。

 

洗顔全体を通して、肌を直接、指や手、タオルなどで刺激しないことがポイント。美肌を守り、美肌を作ります!

 

ライター:三上あずさ
出典元:『Training Woman』vol.2「目指せ! ナチュラル美トレ女子 メイクのあれこれ」