【北京=鎌田秀男】中国国家統計局は17日、2017年4〜6月期の国内総生産(GDP)の速報値が、物価変動を除いた実質で前年同期比6・9%増となったと発表した。

 成長率は1〜3月期から横ばいだった。インフラ(社会基盤)投資などが景気を下支えした。

 17年の成長率目標とする「6・5%前後」を2期続けて上回ったことで、年間目標を達成する公算が大きくなった。一方、中国政府は景気の過熱を抑えるため、投機目的のマンションなどの不動産購入を制限したり、小型車向けの減税を縮小したりしており、年後半に向けては成長は徐々に減速するとの見方が強い。

 同時に発表した17年上半期(1〜6月)の主な経済統計によると、都市部の公共工事や企業の設備投資を示す固定資産投資は、前年同期比8・6%増と、1〜3月期(9・2%増)を下回った。