マツダは14日、新型のスポーツ用多目的車(SUV)「CX―8」を発表した。

 3列の座席に6〜7人が乗れるタイプで、家族連れに人気があるミニバンからの乗り換え需要を狙う。ディーゼル車のみを12月14日に発売する。税込み価格は319万円台〜419万円台。

 排気量2・2リットルのディーゼルエンジンを搭載。全長は4・9メートルと、これまでのSUVより大型化し、車内のスペースを広くした。

 欧州では、環境規制や排ガス不正の影響で、ディーゼル車からの撤退や生産・販売を見送る動きが広がっている。こうした逆風に対し、小飼雅道社長は記者会見で、「燃費向上や排ガス低減のための技術・工夫を施した」と述べ、今後もディーゼル車に力を入れる方針を強調した。