独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人は11日、ディーゼルエンジンを搭載した乗用車「パサート」を2018年初めに発売すると発表した。

 VWがディーゼル車を日本で投入するのは20年ぶり。搭載エンジンは排気量2リットルのターボ付きで、セダンとステーションワゴンの2タイプを販売する。価格は未定。ステーションワゴンは今月27日に開幕する東京モーターショーに出展する。