牛丼チェーン「吉野家」は14日から、北米産サーロインを使った「 特撰 とくせん  すきやき重」を販売する。創業120周年を記念し、生卵とみそ汁、お新香のセットで860円(税込み)となる。一部を除く全国の店舗で約50万食を限定販売し、売り切れ次第、終了となる。

 注文を受けた後に、薄切りした牛肉を牛丼の煮汁でさっと煮ることで、柔らかく仕上げた。吉野家で初めてサーロインを使った商品で、「牛丼大盛」より多い牛肉120グラムを使っている。開発に1年以上かかったという。

 吉野家はこれまでも、国産和牛を使った「牛重」を2店舗で販売してきたが、「高級な牛肉商品を食べたい」という客の声を受け、開発を進めてきた。伊東正明常務は「120周年の感謝を込めたお得な商品。多くの方にぜひ食べてもらいたい」と話している。