三菱UFJフィナンシャル・グループは、東京都西東京市に運動場や図書施設などを備えた「MUFGパーク(仮称)」を開設する。2023年6月頃のオープンを目指す。

 自社の保養所を改修して一般に開放する。総面積は約6ヘクタール。「スポーツ」「コミュニケーション」「ネイチャー」の3エリアで構成する。11面分のテニスコートや、サッカーやラグビーなどで利用できるグラウンドのほか、数万冊を蔵書する図書施設を設ける。絶滅危惧種に選定されている植物「キンラン」などを保全する植樹林も整備する。自治体などと連携し、ヨガや自然体験などのイベントを開くことも想定している。

 三菱UFJは、社会貢献活動の一環として、屋外に幅広い層が使える広場を設け、地域の交流を促したい考えだ。