11日午前8時45分頃、愛知県愛西市大野町郷西のJR関西線永和駅で、線路の分岐器(ポイント)にカメが挟まり、切り替わらなくなるトラブルが発生した。

 JR東海の発表によると、指令室で分岐器の異常を確認し、職員がカメを取り除いた。このトラブルで同線は上下4本が一部運休となり、上下10本が最大42分遅れ、約3100人に影響が出た。