夏休みの海で幼い兄弟ら4人が波にのみ込まれた。

 福岡県古賀市の古賀海岸で11日、遊びに来ていた森尾陵ちゃん(5)と兄(7)、父親(36)の家族3人と、助けに向かった寺田一也さん(49)が溺れた水難事故。陵ちゃんと寺田さんが命を落とし、父親と兄の行方が分かっていない。突然の惨事を目撃した人たちは「一気に沖に流され、どうしようもなかった。早く見つかってほしい」と悲痛な表情を浮かべた。

 「『危ない』と言う間もなく、男児2人の姿が見えなくなった」

 古賀海岸で流されて助けられた60歳代の男性は、当時の状況を振り返り、無念さをにじませた。

 男性によると、深さ数十センチの浅瀬に座っていたところ、突然、体を波に引っ張られ、2、3秒で十数メートル沖に流された。近くにいた兄弟とみられる男児2人は一瞬にして見えなくなり、砂浜のテントから走って海に飛び込んだ男性も波にさらわれたという。