三菱重工業と宇宙航空研究開発機構( JAXA ジャクサ )は12日、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターで同日午後に予定していたH2Aロケット35号機の打ち上げを延期すると発表した。

 ロケットには、測位衛星「みちびき」3号機を搭載していた。

 同社の説明によると、打ち上げ前の点検作業で、エンジンの冷却などを行うバルブを開閉するためのヘリウムガスが漏れている可能性があることがわかった。漏れがひどいと、正常に飛行できなくなる恐れがあるため、延期を決めた。

 機体から燃料を抜いた上で、原因の特定を行う作業があるため、打ち上げは17日以降になる見通し。同センターで記者会見した同社の二村幸基執行役員フェローは、「確実に打ち上げられるように淡々と進めていく」と話した。