埼玉、群馬両県の総菜販売「でりしゃす」系列店で購入した総菜を食べた人が、相次いで腸管出血性大腸菌 オー 157に感染した問題で、前橋市保健所は13日、同市内の「でりしゃす 六供 ろっく 店」の総菜を食べた2人の感染が新たに確認され、うち東京都内の女児(3)が死亡したと発表した。

 一連の問題で死者が判明したのは初めて。同保健所は、加熱調理後に店内で「二次汚染したと考えている」と話した。

 発表によると、女児は前橋市を訪れていた8月11日、同店で買ったタケノコやエビのいため物などの総菜を家族ら10人と一緒に食べた。同月中旬に下痢や腹痛などの症状が出て、溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症、都内の医療機関に入院したが、9月上旬に死亡した。

 女児と一緒に食事をした前橋市内の60歳代の女性も感染し、両県で感染したのは計22人に上った。同じ遺伝子型のO157患者は両県を含めて少なくとも11都県で確認されている。

 六供店では既に、8月11日に総菜を購入した男女計9人がO157に感染したことが確認されている。同保健所は、新たに判明した2人の感染源は同店の総菜と断定。感染経路などは不明だが、店舗内の総菜にトングの使い回しなど何らかの原因でO157が付着し、二次汚染した可能性があると指摘した。

 「でりしゃす」を運営するフレッシュコーポレーション(群馬県太田市)は13日、六供店を自主休業し、「大きな責任を感じる。亡くなられた方やそのご親族に哀悼の意を表します」とコメントした。