林文部科学相は14日、学校法人「 加計 かけ 学園」(岡山市)が申請していた岡山理科大獣医学部の新設を認可し、来年4月の開学が決まった。

 野党は認可の経緯などについて説明を求めており、与党は同日、この問題に関する衆院文部科学委員会を15日に開くことに同意した。獣医学部の新設は1966年以来、52年ぶり。

 獣医学部には、獣医学科と獣医保健看護学科の2学科が設けられる。獣医学科の定員は140人で、国内では最多となる。林氏は記者会見で「(学部の新設)計画を確実に履行して、適切な教育環境を提供してほしい」と語った。

 加計学園は今年1月に国家戦略特区諮問会議(議長・安倍首相)から愛媛県今治市への獣医学部新設を認められ、3月に文科相に申請した。文科相の諮問を受けた大学設置・学校法人審議会が、今月9日に新設を認めるよう答申していた。