15日午前10時半頃、茨城県桜川市高幡の「JGM笠間ゴルフクラブ」のクラブハウス地下通路で、作業員が倒れているのを従業員が発見、119番した。

 桜川署の発表では、倒れていたのは、栃木県上三川町、設備会社社長上野広中さん(67)と宇都宮市下岡本町、会社員鹿又二治さん(70)。いずれも心肺停止の状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。いずれも全身が赤みがかっており、外傷はなかった。同署は近く司法解剖を行い、死因を調べる。

 2人は15日朝から、クラブハウス1階にある男性用浴室の水漏れの確認と修理のため、地下の点検用通路に入っていた。