江戸時代から「深川の八幡さま」と親しまれてきた東京都江東区の富岡八幡宮で7日夜、女性宮司らが日本刀で切りつけられる殺傷事件が起きた。

 なぜ宮司が襲われたのか。警視庁深川署は事件の解明を進めている。

 捜査関係者によると、現場は富岡八幡宮の敷地内。建物の入り口には、血だまりのそばに、血の付いた日本刀とサバイバルナイフが残されていた。周辺は飲食店や住宅が並び、平日の夜でも人通りが絶えない地域。多くの人たちが現場を目撃していた。

 近所に住む女性会社員(35)は午後8時35分頃、富岡八幡宮の東側にあるスーパーの前で、スーツ姿の男性が血を流してうつぶせで倒れているのを見た。男性のスーツは右脇腹あたりから背中にかけて切られており、ズボンは血でぬれていたという。

 スーパーから数軒離れたマンションに住む会社員男性(35)は、自宅でくつろいでいたところ、外から「ぎゃー」という男性の野太い叫び声がするのを聞いた。男性は「必死に抵抗しているような声だった」と驚いた様子だった。