岩手県の地元紙、岩手日報社(盛岡市)の女性記者に抱きつくなどのわいせつ行為をしたとして、同社から抗議を受けている同県岩泉町の伊達勝身町長(74)は8日、辞職願を町議会に提出し、同意された。

 辞職は9日付。辞職に伴う町長選は来年1月中に行われる見通し。

 町議会で伊達町長は昨年8月の台風10号災害による心的外傷後ストレス障害(PTSD)が悪化して職務に影響が出ていたと説明し、「迷惑行為を起こし、これ以上継続するのは不可能」と述べた。辞職について「台風10号からの復旧を進めていた中で、職務を全うできなかったことをおわびする」と謝罪した。

 議会後、報道陣の取材に対し、「(女性記者に)心からおわび申し上げる」と述べた。

 伊達町長は1999年の町長選に初当選し、5期目。