JR東日本は17日、山手線に初めて導入する車内防犯カメラ付きの車両を報道陣に公開した。

 19日から1編成が営業運転に投入され、東京五輪・パラリンピックに向け、2020年春までに山手線の全車両に導入される。

 カメラは1車両につき4台で、ドア上部の運行情報などを流すディスプレーの横に配置される。乗客のプライバシーに配慮し、作動を知らせるステッカーもカメラの横に貼り付けられる。

 同社は既に新幹線や在来線のグリーン車などに防犯カメラを設置。今後、新たに製造する全ての在来線の車両に導入する方針も示している。