和歌山県警は15日、警備部機動隊の20歳代の男性巡査が14日夜、和歌山市内を走行中の警察車両から拳銃を落とし、一時紛失したと発表した。拳銃は近くの住民男性が見つけ、約1時間20分後に届け出た。男性巡査は、自民党総裁選の演説会に参加するため和歌山市を訪れていた安倍首相らの警備中だった。県警は、警備への影響はなかったとしている。

 発表では、巡査は首相らを乗せた車両の警備のため、最後尾の車両の助手席に私服で乗っていた。14日午後7時50分頃、和歌山市橋向丁の県道で、窓から身を乗り出して一般車両を制止した際、左脇につけていた拳銃のケースの留め金が窓枠に引っかかり、拳銃が路上に落ちたという。

 巡査は約150メートル先で車を降り、徒歩で戻ったが、見つからなかった。県警が50人態勢で捜索していたところ、午後9時10分頃、住民男性が、捜索中の警察官に拳銃を届けた。男性は午後8時頃に拳銃を拾い、自宅に帰宅していたという。拳銃に破損はなく、銃弾も全て残っていた。