SUBARU(スバル)は11日、出荷前の完成車のブレーキ検査などで不正を行っていた問題で、国土交通省に9車種6124台のリコールを届け出た。同社は昨年から今年にかけて検査不正に伴うリコールが続いており、品質管理のずさんさが改めて問われることになった。

 リコール対象となるのは、2017年12月に製造された「レヴォーグ」「WRX」「インプレッサ」「XV」「フォレスター」「レガシィ」「エクシーガ」「BRZ」とトヨタ自動車から受託して生産する「86(ハチロク)」の計9車種。

 スバルでは、全車両を対象とするペダルブレーキ検査で、本来使用が認められていないハンドブレーキを併用していたほか、ハンドルなどの検査も不正が行われていた。