軽乗用車の運転席の窓からカッターナイフを振り回すなどのあおり運転をしたとして、福島北署は12日、福島市瀬上町、自称除染作業員の男(53)を暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕した。

 発表によると、男は10日午前11時10分頃、同市の国道4号などで、前を走行していた市内の男性(48)の乗用車に急接近し、窓から手を出してカッターを振り回したり、自身の軽乗用車のドアをたたいたりして、約4・5キロにわたり脅迫した疑い。男性から通報を受けた同署が緊急検問したところ、呼気から基準値を超えるアルコールを検出し、同日に道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕していた。

 同署によると、男性の車には妻と子供2人の計4人が乗車。カッターを振り回す男の様子が携帯電話で動画撮影されていた。