群馬県 南牧 なんもく 村で10日、マイクロバスが斜面の林に転落し、乗っていた登山客が重軽傷を負った事故で、バスが運送事業用の「緑ナンバー」ではなく、自家用などの「白ナンバー」だったことが分かった。県警は、業務上過失致傷容疑で逮捕した運転手の男(66)(茨城県守谷市)が、無許可で有料運行する「白バス行為」をしていた疑いがあるとみている。

 県警幹部によると、転落したバスは、男が経営するレンタカー会社の所有。事故当日は、男が運転し、茨城県取手市などの登山客18人を乗せていた。レンタカー業者が運転手つきで車を貸し、運賃を受け取れば、道路運送法で禁じる「白バス行為」に当たるため、県警は、乗客との金銭のやり取りの有無を調べる。

 県警は12日、男を前橋地検に送検。当初、14人としていた負傷者については12人と修正した。