飲酒運転で線路に突っ込む事故を起こしたとして、大阪府警都島署は14日、自称土木作業員の男(25)(大阪府豊中市)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 発表では、男は14日午前0時25分頃、大阪市中央区城見の市道丁字路で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。車は直後に近くのJR大阪環状線のフェンスを突き破り、京橋―大阪城公園駅間の線路に突っ込んで、ひっくり返った。呼気からは、基準値を超えるアルコール分が検出された。

 男はこの数分前、現場の約1キロ北西の市道で信号待ちをしていたタクシーに追突し、タクシーに追跡されていた。タクシーの客や運転手、男にけがはなかった。

 この事故で大阪環状線は3本が運休。JR西日本は14日未明に運行を打ち切り、同日の始発から運転を再開した。