日本海側は14日、台風10号からの暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で気温が上昇し、新潟県上越市で40・3度を観測した。今年40度を超えたのは全国で初めて。

 気象庁によると、北陸を中心とした日本海側では、南風が高温になって吹き付ける「フェーン現象」が起きたとみられ、新潟県三条市で39・5度、新潟市東区で38・9度を観測。西日本でも山口市で38度、鳥取市で37・8度となるなど猛暑に見舞われた。北陸と東北の日本海側は15日も台風の影響で厳しい暑さが続く見通し。